autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 発電するエコカー!?まもなく新型ワゴンR発表!スズキ ワゴンR 歴代モデル特集 2ページ目

特別企画 2012/8/22 19:39

発電するエコカー!?まもなく新型ワゴンR発表!スズキ ワゴンR 歴代モデル特集(2/4)

関連: スズキ ワゴンR Text: 渡辺 陽一郎 Photo: スズキ株式会社/オートックワン編集部
発電するエコカー!?まもなく新型ワゴンR発表!スズキ ワゴンR 歴代モデル特集

居住性の向上と併せてファミリーカーとして使われるケースも増えた2代目モデル

【スズキ ワゴンR 歴代モデル特集】【スズキ ワゴンR 歴代モデル特集】

1998年10月、軽自動車は衝突安全性の向上を目的に規格の変更を受けた。時速50kmの前面/側面衝突で乗員が保護され、同じ速度の後面衝突でも燃料漏れを生じないことが条件。これをクリアすべく、軽自動車はボディサイズの上限を全長で100mm、全幅で80mm拡大して今日と同じサイズになった。そしてほぼ同時期に、新規格に対応した新型軽自動車が16車種も登場している。未曾有の新車ラッシュだった。

ワゴンRも2代目に一新。外観は初代モデルのイメージを踏襲しながら細部に丸みを持たせ、存在感を強めている。ホイールベースは25mm拡大されて2360mmになり、リヤシートの足元空間が広がった。全幅の拡大で室内幅も増している。

【スズキ ワゴンR 歴代モデル特集】【スズキ ワゴンR 歴代モデル特集】

ボディを拡大する本来の目的は、衝突時にボディを潰して衝撃を吸収するゾーンを確保することだったが、新規格対応の軽自動車は、ワゴンRに限らず車内を広げた。2代目ワゴンRは内装の質も高めたから、居住性の向上と併せてファミリーカーとして使われるケースも増えた。

初代モデルで特別仕様車として投入された「RR」をグレード化したことも注目点。ラジエターグリルが大きく、精悍な雰囲気を感じる。エンジンの品ぞろえも豊富。F6A型シングルカム、同ターボ、設計の新しいK6A型ツインカム、同ターボとなる。

ボディタイプは初代ワゴンRで追加された5ドアを主力にしながら、右側が1枚ドアの4ドアも残した。MRワゴンやパレットのない時代とあって、ワゴンRへの依存度も高い。多彩な仕様をそろえて幅広いユーザーニーズに応えた。

あの頃の陽一郎 ~クルマに対する見方が変わった~

【スズキ ワゴンR 歴代モデル特集】

1995~97年には、ステップワゴン、イプサム、エルグランドといったミニバンの初代モデルが続々と登場。キューブ、デミオ、ラウムなどの初代モデルも加わり、背の高いクルマが一気に増えた。軽自動車もムーヴ、ライフ、プレオなどがそろい、1993年に登場した初代ワゴンRの影響力を改めて思い知らされた。国内販売は依然として下降傾向だったが、新たな発展に活気を取り戻しつつあった。

私は1995年に結婚。翌年には愚息が生まれ、慌ただしい毎日を送っていた。親になって最も驚いたのは、私自身のクルマに対する見方が変わったこと。出かける度に愚息を抱えてチャイルドシートに座らせ、買い物に出かければオムツなど多量の荷物を積む。車内でミルクも飲ませる。ワゴンRのような背の高いクルマが人気を得る理由を実感した。「日本車は確実に進歩している」と思った。

スズキ ワゴンR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23