autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 「燃費不正フィーバー」ひと段落したと思ったら、今度はスズキ!?浮き彫りになったメーカーと国の課題

自動車評論家コラム 2016/5/19 12:06

「燃費不正フィーバー」ひと段落したと思ったら、今度はスズキ!?浮き彫りになったメーカーと国の課題(1/2)

「燃費不正フィーバー」ひと段落したと思ったら、今度はスズキ!?浮き彫りになったメーカーと国の課題

毎週荒れる、国土交通省の記者会見場

スズキ株式会社 ロゴ

日産自動車と三菱自動車工業の電撃会見から数えて僅か6日。またしても、衝撃的なニュースが日本全国を駆け巡った。

今度は「スズキ」だ。NHKが昼のニュースで「スズキが、排出ガス・燃費試験で国が定める規定と異なる試験を行ったことを、今日(5/18)の午後、国土交通省に報告する」と報じた。

これは、三菱自の「燃費不正事案」が明るみに出た4月20日、国土交通省が日本国内で型式認定を取得している自動車メーカーや販売業者、合計41社に対して、調査期間を5月18日までとして「おたくは大丈夫ですか?」と、報告を求めていたもの。

そのなかで(事の発端である三菱自を除き)スズキ1社だけが「不適切な事実」が「有」となった。

三菱自の会見に出席するはずが・・・

三菱自動車工業株式会社 取締役会長 兼 CEO 益子修氏

もともと、18日夕方(直前まで時間は未確定)は三菱自による「4回目の会見」が予定されていた。前回、11日に行われた「3回目の会見」が午後5時半だったため、筆者は余裕をもって午後4時少し前に会場入りしようとスケジューリングしていた。

午後2時半過ぎ、新横浜での打ち合わせを済ませて新幹線に乗り、JR東京駅へ。山手線内の人身事故の影響で、山手線外・内回りが普通だったので、地下通路で京葉線ホーム側を通り、有楽町駅から営団地下鉄有楽町線に乗り換えて1駅目、桜田門駅で下車。

警視庁正面の出口から地上に出たちょうどその時、経済メディアの知り合い等から「スズキ・午後4時会見」と連絡が入った。慌てて、警視庁の隣、警察庁・国家公安委員会・総務省の合同庁舎の正面入り口から、同建物内で連結する国土交通省に入った。

5階会見場に着くと、すでに大勢のメディアが詰めかけていた。もうテーブル席はなく、会場後部のNHKやテレビ朝日の中継パラボラアンテナ技術スタッフの脇に予備の椅子を置いた。

会見10分程前に配布された出席者表を見て、メディアたちは「おぉ、(鈴木)修会長が来るぞ」と騒然となった。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ の関連記事

スズキの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ の関連記事をもっと見る

スズキ の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25