autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スズキ 新型 ソリオ DJE(デュアルジェットエンジン搭載車) 試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2013/12/29 00:00

スズキ 新型 ソリオ DJE(デュアルジェットエンジン搭載車) 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/3)

関連: スズキ ソリオ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正・オートックワン編集部
スズキ 新型 ソリオ DJE(デュアルジェットエンジン搭載車) 試乗レポート/渡辺陽一郎

ハイブリッドなしで安価に超・低燃費化を実現し続ける「庶民の味方」スズキ

スズキ 新型 ソリオ「S-DJE」[2WD]スズキ 新型 ソリオ「S-DJE」[2WD]

最近はエコカー減税の実施もあって、各メーカーとも燃費性能の向上に力を入れている。この中でも特に目立つのがスズキだろう。軽自動車「アルト エコ」のJC08モード燃費は35km/Lに達し、ノーマルエンジンながらハイブリッド車に迫る数値を実現させた。

そして燃費性能の向上は軽自動車にとどまらず、コンパクトカーにもおよんでいる。スズキでは、電装部品に電力を供給する発電を減速時を中心に行う「エネチャージ」をスイフトにも用いている。いっぽうソリオはこれまで、停止時のみに機能する従来型のアイドリングストップのみを使用。今回のマイナーチェンジで加わったDJEモデルで、新たにエネチャージと13km/h以下で自動停止する新アイドリングストップシステムを採用し、スイフトと同様の仕様となった。

スズキは小さなクルマを中心に手掛けるメーカーだから、「薄利多売」にも対応せねばならない。そこで低燃費技術もいろいろな車種で共通化しているわけだ。となれば二酸化炭素の排出総量も抑えやすい。限られた燃費スペシャル的なクルマを開発しても、二酸化炭素の排出抑制に与える効果は小さいが、数多く売れる車種の燃費性能を底上げすれば、大きなメリットが得られる。

スズキ 新型 ソリオ「S」

さて、コンパクトカーの分野で注目されるスズキの低燃費技術は、スイフトで先行採用された直列4気筒1.2リッターのデュアルジェットエンジン(DJE)だ。1気筒当たり2本の燃料噴射装置を備え、ガソリンを微粒化して噴射することにより、燃焼効率を向上させる。排気ガスの一部を冷却して燃焼室内に再循環させ、燃焼温度を下げることで圧縮比を高めるクールドEGRも用いた。これらの技術に前述の「エネチャージ」も加え、デュアルジェットエンジン搭載車は1.2~1.3リッタークラスでは優れた燃費性能を誇る。

このエンジンが、スイフトに続いて背の高いコンパクトカーのソリオにも搭載されたので、早速試乗してみた。

[次ページへ続く]

スズキ ソリオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ソリオ の関連記事

スズキ ソリオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ソリオ の関連記事をもっと見る

スズキ ソリオ の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26