autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 マイルドハイブリッド搭載でクラストップの燃費へ「スズキ ソリオハイブリッド」[詳細解説] 2ページ目

新型車解説 2015/8/26 10:29

マイルドハイブリッド搭載でクラストップの燃費へ「スズキ ソリオハイブリッド」[詳細解説](2/4)

関連: スズキ ソリオ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 和田清志
マイルドハイブリッド搭載でクラストップの燃費へ「スズキ ソリオハイブリッド」[詳細解説]

ホイールベース拡大により先代の不満を払拭

新型ソリオの外観における最大の注目点は、全長を変えずにホイールベース(前輪と後輪の間隔)を30mm伸ばして2480mmにしたことである。

クルマの居住空間は前後輪の間に位置するため、ホイールベースを拡大することで居住性を向上させやすい。またフロントオーバーハング(ボディが前輪よりも前側に張り出した部分)は70mm短く抑えたから、ホイールベースの拡大分を差し引いても、リアオーバーハングが40mm伸びた。そのために荷室が拡大され、スライドドアの開口幅も60mmワイド化されて640mmになった。

先代ソリオは軽自動車のスペーシアと同じ580mmで若干狭めに感じたが、新型ソリオではこの不満が払拭されている。

居住空間が大幅に向上、足元空間はLサイズセダンを超える広さに

スズキ ソリオバンディットハイブリッド
スズキ ソリオバンディットハイブリッドスズキ ソリオバンディットハイブリッド

ホイールベースの拡大などによって空間効率を高めたから、居住性は先代ソリオと比べてさらに向上。

前後席のヒップポイント間隔は、55mm増えて1080mmになる。Lサイズセダンでも900~950mmなので、後席の足元はかなり広い。

もっとも、スズキ スペーシアは1025mm、ダイハツ タントは1120mm、ホンダ N-BOXは1150mmだから、ソリオの足元空間は、前後方向については背の高い軽自動車と同等だ。今の小さなクルマの空間効率は、激しい競争を展開しながら急速に拡大した。

シートの配列は、前席がセパレートタイプ、後席がベンチタイプだから車内での移動もしやすい。

新型はインパネ形状が変わったほか、メーターを中央に配置

スズキ ソリオバンディットハイブリッドスズキ ソリオバンディットハイブリッド

内装では、インパネの形状が刷新された。

メーターは、先代ソリオはハンドルの奥側に装着していたが、新型ソリオではインパネの中央に備わる。この配置だとインパネの最上部が過度に高くなりやすいが、新型ソリオは先代ソリオに比べて35mm低く抑えている。メーターを中央に配置しながら、前方視界を向上させているのだ。

インパネの手前に向けた張り出しは115mm抑えられ、インパネ上端を下げたことと相まって、前席は先代ソリオよりも開放的になった。収納設備も豊富で、助手席の前側にはトレイが備わり、左側には500mlの紙パックが収まるカップホルダーが装着される。

下側のグローブボックスは、ボックスティッシュが収まる容量を確保した。シートアレンジは先代型と同様で、後席の背もたれを前に倒すと座面も連動して下がり、フラットで広い荷室に変更できる。

路面から荷室床面までの高さは25mm低い665mmになり、収納性を向上。後席には165mmの前後スライド機能が備わり、背もたれにもスライドレバーを装着した。リアゲートを開いて、車外からスライド操作をすることが可能だ。

スズキ ソリオバンディットハイブリッドスズキ ソリオバンディットハイブリッドスズキ ソリオバンディットハイブリッドスズキ ソリオバンディットハイブリッドスズキ ソリオバンディットハイブリッド

スズキ ソリオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ソリオ の関連記事

スズキ ソリオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ソリオ の関連記事をもっと見る

スズキ ソリオ の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25