autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル トラヴィック 試乗レポート

試乗レポート 2001/9/14 12:01

スバル トラヴィック 試乗レポート

関連: スバル トラヴィック Text: 御堀 直嗣 Photo: 玉井充
スバル トラヴィック 試乗レポート

ザフィーラに与えられたスバルの”味”。

ザフィーラの1.8Lのエンジンに対してトラヴィックが2.2Lのエンジンを搭載したことは、日本の道路事情を考えると、魅力的な点だ。

実際にトラヴィックを運転してみると、実に自然な感覚で運転できることに気が付く。たしかにインテリアはザフィーラのデザインだし、乗り心地はドイツ車風である。それでも、あらゆる道路状況でトラヴィックに見合った動力が、自分のアクセル操作のままに何の違和感も無く発揮されると、もはや輸入車という印象は薄れていくのだ。そこにあるのは、スバルの心地よさである。

トラヴィックには標準車、Lパッケージ、Sパッケージの3つのバリエーションがあるが、その中で一番スバルらしいのがSパッケージ。

タイヤがインチアップされ、ダンパーの減衰力が上げられているというが、それによる悪影響は感じられなかった。

一方の標準とLパッケージの印象も、かなり良いものであった。乗り心地に振り、オリジナルのザフィーラより柔らかめの設定というが、スピードを上げていったときの安定性は、直進のみならずコーナリングでも高い水準にあり、安心感を持ってステアリングを切り込んでいける。

さて、どちらを選ぶか迷うところだ。個人的にはSパッケージのサスペンションが、まさにスバルらしく魅力的に見える。

筆者: 御堀 直嗣

スバル トラヴィック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル トラヴィック の関連記事

スバル トラヴィックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • スバル トラヴィック 試乗レポート

    試乗レポート

    スバル トラヴィック 試乗レポート

    ザフィーラに与えられたスバルの”味”。ザフィーラの1.8Lのエンジンに対してトラヴィックが2.2Lのエンジンを搭載したことは、日本の道路事情....

スバル トラヴィック の関連記事をもっと見る

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19