autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 “スバリスト視点”で見る「スバル 新型インプレッサスポーツハイブリッド」徹底解説 3ページ目

新型車解説 2015/6/19 11:00

“スバリスト視点”で見る「スバル 新型インプレッサスポーツハイブリッド」徹底解説(3/4)

“スバリスト視点”で見る「スバル 新型インプレッサスポーツハイブリッド」徹底解説

XVハイブリッドを基本に改良が加えられた「ハイブリッドシステム」

XVハイブリッドのシステムをベースに改良。ハイブリッド用バッテリーの制御を変更し、高速域において、より積極的にバッテリーを活用し回生頻度を向上させました。

バッテリーの充電状態が少ないときでもバッテリーを活用できるようにしたとのこと。XVハイブリッドの従来型システムでは、バッテリーを使い切れずに回生頻度が落ちることがあるといいます。

また、リニアトロニックもハイブリッド専用としてさらなる改良を受けました。フリクション低減をはかるとともにトルクコンバータの流体特性をロックアップ方向に強化。

オイルポンプの歯形を変更、リバースブレーキハウジング排出穴を追加、オイルの低粘度化もはかっています。

燃費は僅かながら向上

スバル インプレッサスポーツ ハイブリッド
スバル インプレッサスポーツ ハイブリッド

JC08モード燃費は20.0km/Lから20.4km/Lに向上。一般的な目からは「燃費の向上はその程度なの?」と驚かれてしまうでしょうが、インプレッサスポーツ・ハイブリッドでは、ここはあまり重要な部分ではありません。

ハイブリッドシステムの制御については従来のXVハイブリッドと同じで、エンジンとモーターの2つの駆動力を状況に合わせて活用。

エンジンの効率が悪い低回転域ではモーターだけでのEV走行も行えます。高速巡航時など、エンジンの効率が良い回転域ではエンジンだけで走行しながら、必要に応じてモーターを回して発電。もちろんアクセルオフやブレーキング時には減速エネルギーを電気に変換して充電を行います。

WRXの開発で培ったノウハウを注入し「Fun to Drive」性を向上!

具体的には、時速40kmからのアクセルペダル4分の1開度での追い越し加速時の気持ち良さを向上。

アクセルを踏み始めてから0.25秒あたりでの加速Gの立ち上がりを強め、パーシャルな領域での加速フィールにゆとり感を増しているとのこと。速さを追求したのではなく、あくまで実用領域の中での気持ちのよい加速フィールの向上を目指しました。

アクセル開度と出力特性のバランスは極めてデリケートな関係にあり、下手をすると「軽く踏んだだけで無駄に前に出てしまうイヤな特性」になってしまいますが、実際にはその点がどうなっているのか大いに気になるところです。

モーター出力が約65Nm(軽自動車1台分の出力に相当)が動力性能にゆとりを与えることは間違いないでしょう。ハイブリッド化によって車重は約150kgアップしますが、重量増分はXVハイブリッドと同様に適度な重厚感のある乗り味に寄与すると予想されます。

そしてシャシーには、WRXの開発で培った“運転のしやすさを高めるノウハウ”を注入。

フロントサスペンションは、クロスメンバーをWRXと同じ補剛・取り付け剛性を向上させたパーツを採用。ストラットへの曲げ荷重の低減をはかるため、コイルスプリングの巻き方を工夫(組み付け回転位置規定)しています。さらに、ダンパーはフリクションを最適化させ、細かい振動やロールを抑えて気持ちのよいハンドリングに寄与。

リアサスペンションは、リンク位置とバンプトーインを強めたWRXと同じジオメトリーに変更しました。ラテラルリンクのインナーピボットを2.3mmほど下げたジオメトリーになっています。

これらの変更により、ステアリングレスポンスを向上。ハンドル操作に対して遅れのない動き、必要な横剛性を確保し、旋回中のリアのグリップを向上させることで、「Fun to Drive」性を大幅に向上させたとあります。現行型のインプレッサシリーズは、去年秋のビッグマイナーチェンジで大幅にFun to Drive性が向上しましたが、さらに別物感に仕上がっていると聞くとワクワクするしかありません!

静粛性について

スバル インプレッサスポーツ ハイブリッド
スバル インプレッサスポーツ ハイブリッドスバル インプレッサスポーツ ハイブリッド

・カウルパネル内側へ吸音材追加

・ガラス板厚アップ

・ボンネットフードインシュレーターを強化

・ルーフトリム裏、ピラートリム裏面へ吸音材追加

・荷室まわりに吸音材や遮音材を追加

・トーボードインシュレーターを強化

・バッテリークリングシステムのダクト内に吸音材を採用

・フロアマット裏面に遮音加工を追加

・液体封入エンジンマウント採用

これまた、一般的な追加グレードではありえない内容の濃い変更です。最新型のインプレッサシリーズ(2リッター車)は相当静かになりましたが、さらなる静粛性の引き上げは驚異的だとさえ感じます。

スバル インプレッサスポーツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサスポーツ の関連記事

スバル インプレッサスポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサスポーツ の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサスポーツ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25