autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル インプレッサ WRX STI スペックC 試乗レポート/マリオ二等兵 3ページ目

試乗レポート 2011/2/10 22:41

スバル インプレッサ WRX STI スペックC 試乗レポート/マリオ二等兵(3/4)

関連: スバル インプレッサハッチバックSTI Text: マリオ 二等兵 Photo: オートックワン編集部
スバル インプレッサ WRX STI スペックC 試乗レポート/マリオ二等兵

この軽快感はライトウェイトスポーツ!

新しくなったスペックCに乗ってみると、まず動き出しがとにかく軽い!

軽量化が図られているとはいえ、数値的には小柄な人間一人分程度にすぎないはずなのに、体感的には標準車の1割ぐらいは軽いんじゃないかと思えてしまうほどの軽快感です。

これぞまさにライトウェイトスポーツのヒラヒラ感!

インプレッサ WRX STI スペックC
インプレッサ WRX STI スペックCインプレッサ WRX STI スペックC

軽快感の次に印象的なのは、ステアリングゲインの高さです。

感覚的には、1ミリでも舵角を当てれば瞬時にクルマの向きが変わろうとする勢いで、まるでステアリングのギア比が変わり、ピニオンギアの精度が高くなったかのように鋭敏、かつソリッドな反応を示します。

ダンパーの減衰力とバネレートは相当引き締められた上、スタビライザーの径も太くなっているので、市街地で曲がる程度ではまったくロールを許さずにサクサク曲がってくれるのであります。

足がガチガチに固められたことに伴い、当然乗り心地も固いですが、かといって街乗りが無理と思えることはありません。

これだけの足腰の固さをもってしても、まだ余力を感じさせる岩のように屈強なボディは、路面からダイレクトに伝わる入力をガツン!と消散してくれるので、運転マニアならばむしろ心地良く感じられるほどでしょう。

制振材や防音材などが小さくなったために、駆動系のノイズや機械式LSD特有のパキパキ音が耳に届きやすくなっていますが、うるさくて耳ざわりということはなく、これもコンペティションモデルらしさを実感させるものとして、マイナスどころかプラス要素として気分高揚効果を発揮。

基本は競技用モデルながら、日常性は存外に保たれているので、ファミリーカーとして使えなくもないといえます。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサハッチバックSTI の関連記事

スバル インプレッサハッチバックSTIの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサハッチバックSTI の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサハッチバックSTI の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/14~2017/12/14