autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート K4-GP 富士500キロ耐久レース 現地レポート 2ページ目

イベントレポート 2010/8/25 11:37

K4-GP 富士500キロ耐久レース 現地レポート(2/3)

K4-GP 富士500キロ耐久レース 現地レポート

気軽に参加しやすい「空気」を感じることができる

参戦するドライバーのタイプもバラエティに富んでいるのが特徴で、元GTレースのドライバーから、免許取り立ての運転初心者まで、様々なドライバーがコース上を駆け巡ります。

ドライバーの運転技量や経験値の格差は激しいですが、速いドライバーたちはその辺の事情をよく理解しており、遅いクルマを上手く避けてくれるので、最低限のマナーさえ守れば、遅いクルマが邪魔者扱いされることはありません。

レースや走行会ではいつもスタート直後から「最遅」のポジションをキープし、「動くパイロン」と化してしまうこのマリオにとっては、ここは重要なポイントです。

いろいろな意味で混戦状態となっているので、レースの初心者でも腰が引けることなく、気軽に参加しやすい空気を感じるレースは極めてまれ(というより他にはない)な存在であるといえるでしょう。

ただし、速いクルマではストレートで時速150キロオーバーに達するので、ナメてかかるのは絶対に禁物。本格的なレースと同様にリスクや緊張感が伴うことを忘れてはいけません。そんなスリリングさを肌で感じられるところも、レース初心者にとってはたいへん刺激的な要素となります。

そして、いよいよ500キロ耐久レースがスタート!

「K4-GP・FUJI500キロ耐久レース」は、8月12日に開催されました(FUJI1,000キロ耐久レースは翌日13日に開催)。

この日は朝から台風の影響で大荒れ模様。午前中の練習走行は土砂降りの大雨の中行われましたが、劣悪なコンディションにもかかわらず、大きなトラブルが発生することもなく無事に終了。午後1時のスタート後には雨も上がり、コースコンディションは徐々に良くなりました。

やはり往年のレースカーデザインをまとった本気モード全開マシンの速さが目立ちます。

これに次いで、ビートやカプチーノ、AZ-1といった、90年代に誕生した軽自動車史に残るスポーツカーをチューンしたマシンたちもいまだ現役バリバリという感じでコース上を席巻。

MRワゴンやネイキッドなど、本来はレースとは無縁の軽自動車たちがポルシェのレースカーとデッドヒートを繰り広げる場面は、ややコミカルながら独自の迫力がありました。

2代目のトゥデイあたりの低年式車も多く、「ベース車両の価格は5万円以下、もしくはタダに近い」と思しきマシンが爆音を炸裂させながらポルシェに挑む姿も、このレースならではのシーンでしょう。

マリオのかつての愛車であるヴィヴィオの参加台数も多かったので、「激安ヴィヴィオを買って自分も走りたい!」との思いが膨らみました。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!