autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 「僅かに」軽減された自動車重量税/松下宏のコラム 2ページ目

自動車評論家コラム 2010/4/8 14:00

「僅かに」軽減された自動車重量税/松下宏のコラム(2/2)

Text: 松下 宏

継続車検の重量税も「エコカー」である恩恵の方が大きい

自動車重量税は新車購入時だけでなく、継続車検を受けるときにも納税する必要があるが、2年分の自動車重量税はカローラクラスで3万円ちょうどになる。

エコカー減免税は基本的に新車が対象だが、新車として販売された時にはまだこの制度がスタートしていなかったエコカーが、2012年4月までに車検を受けると、そのときに50%または75%の減税が適用され、ハイブリッド車なら免税になる。

50%の減税なら1万円、75%減税なら7,500円ですむ計算だ。新車と違って車検期間が2年なのでお得感がやや小さくなるが、それでも一応はエコカー減税が適用される。

そんなこんなで、暫定税率の変更では少しだけしかメリットがなかった自動車重量税も、エコカー減免税と組み合わせるとけっこうメリットがある。

当面は新車を買うときも、年式の新しい中古車を選ぶときも、エコカー減税の適用車であるかどうかをしっかりチェックして買うといい。

最後に悪いニュースをひとつ。新車登録から18年経過したクルマは、当時の排気ガス基準が緩く、燃費も悪いクルマが多いので、500kgごとに年間6,300円という従来の暫定割増税率が適用される。

18年落ちの中古車となると、大半がクラシックカーとなるようなクルマだが、そんなクルマは税率が高くなる点に注意しておこう。

筆者: 松下 宏
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!