autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 世界で急速な普及の「ライドシェア」いわゆる白タク、日本では考えられない世界のタクシー事情 2ページ目

自動車評論家コラム 2016/5/2 13:04

世界で急速な普及の「ライドシェア」いわゆる白タク、日本では考えられない世界のタクシー事情(2/3)

Text: 桃田 健史 Photo: 桃田健史/GM/オートックワン編集部
世界で急速な普及の「ライドシェア」いわゆる白タク、日本では考えられない世界のタクシー事情

日本では考えられない世界のタクシー事情

日本では考えられない世界のタクシー事情

こうして賛否両論ある「白タク合法化」。反対意見については、とても理解しやすい。既存のタクシービジネスが崩壊するとか、もしもの場合のユーザーに対する保険・保証が心配だという点がすぐに思い浮かぶ。

一方、賛成する意見について、日本人は理解しづらいと思う。

筆者はアメリカで過去40年近くに渡り、全米各地のタクシーを利用してきた。そこで感じるのは「なんていい加減なんだ!」ということ。「タクシーは詐欺だ」と言い切る人もいるくらい、アメリカのタクシーは「酷い!」。

まず、車内が汚いクルマが多い。そして、時間通りに来ない。または、いつまで経っても来ない。そんな嫌な経験を山のようにしてきた。

また、「白タク」も多い。例えば、ホテルをチェックアウトし、空港までのタクシーを頼むと、来たのは「白タク」。ホテルのフロントマンがキックバックをもらうためだ。

「白タク」でなくても、ホテル側がお客のいない暇なハイヤーを呼んで、「タクシーより安くしておくから」と言い値商売。ここでも、ホテルのフロントマンはしっかりとキックバックをもらう。

今年3月上旬にも、ボストンのホテルで、暇なハイヤーに言い値で乗ったが、空港について「レシートをください」というと、ドライバーは「え~、ちょっと~、あれ~」とあたふた。クルマを放り出して、近くのタクシーに「領収書貸して?」と聞いて回り、5~6台聞いてやっとレシートをもらってきた。

ハイヤー配車サービス「Uber」アプリ画面(左から)概算料金表示、各種サービス画面、ドライバーへの連絡

こうしたアメリカでの、タクシーやハイヤーのハチャメチャな行為に対して、多くのアメリカ人が不安を持ち、そして怒っているのだ。

アメリカですら、この低レベルなのだから、新興国のタクシー事情はハチャメチャなのが常識だ。タイでも、インドでも、フィリピンでも、走り出してから「渋滞しているから、倍払え」などと価格をつり上げたり、遠回りしたりと、悪徳タクシーが数多い。

タイでは「レシート?そんなもんはない」が当たり前だ。以外とまともなのが、最近の中国の大都市。レシート用のプリンターがだいぶ普及し、遠回りする悪質ドライバーも減った印象だ。

これは、中国でもライドシェアが急速に普及し始めているので、その対抗としてタクシー業者が業界浄化を進めているのではないだろうか。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!