autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 見て楽しい、参加し易い、F1の登竜門「FIA-F4」はモータースポーツの基本が満載!

自動車評論家コラム 2016/4/15 15:16

見て楽しい、参加し易い、F1の登竜門「FIA-F4」はモータースポーツの基本が満載!(1/3)

Text: 山口 正己 Photo: STINGER
見て楽しい、参加し易い、F1の登竜門「FIA-F4」はモータースポーツの基本が満載!

昨年から日本で始まったばかりの「FIA-F4」

FIA-F4FIA-F4

F1GPは、2016年シーズンの幕を開けて1カ月、今週末には第3戦中国GPが控えている。開幕から2戦を王者メルセデスが連勝しているが、内容を吟味すると、力を付けたフェラーリが背後に迫り、去年のようなメルセデス安泰ムードとは違う展開になっている。

マクラーレン・ホンダも同じだ。ホンダF1レーシング代表者のコメントが的確になったのに比例するように、地に足がついた活動がわずかずつだができ始めた。

過大な期待は『糠喜びは後で悲しい』、ということになるので、“ほどほどに”とお断りした上で、今後のマクラーレン・ホンダはほのかな期待がもてている。

さて、モーターレーシングの面白さは、『不確定要素』である。どうなるかわからないから面白い。

これはスポーツ全般にいえることだが、特に自動車という複雑な媒体を使って争われるモーターレーシングは、その不確定要素の度合いが強くなる。さらに高速で移動する物体は、レールの上を走っているのではない限り、進路が交差して接触が起きることもある。

特に、F1を頂点とするフォーミュラカーは、タイヤがボディの外に飛び出しているから、接触は危険な事態を招く。回転するタイヤ同士が接触すると、ゴムとゴムがかみ合ってカタパルトにはじかれたように後方の車両が飛び上がる。

自動車は地面を走ることになっていて、飛行機ではないから空中ではさすがのF1ドライバーもコントロールできなくなってクラッシュする、という運命。

開幕戦でマクラーレン・ホンダのアロンソが前車に追突した。F1マシンの安全規定のおかげでアロンソは大きな怪我をしなくて済んだ。フォーミュラカーは、一触即発。接触しないように、細心の注意を払いながら走ることがドライバーには要求される。

さて、前置きが長くなったが、自動車レースの面白さは、接触のリスクをギリギリで回避しながら闘いを進めるところにあるということだ。その、モーターレーシングの基本が満載されているレースが、去年から日本で始まった「FIA-F4シリーズ」である。

FIA-F4は、F1の登竜門だ。F1の“1”は、一番エライという意味。その下にF2、F3、そしてF4がある。F2は、ヨーロッパではGP2、日本ではスーパーフォーミュラと呼ばれるようになっているが、ともあれF4は、かなり初級のレースだ。

自動車レースのカテゴリーは、F1を頂点としてピラミッドの形をしていると思えばいい。F1がてっぺんにあって、その下にF2(GP2/スーパーフォーミュラ)、F3、F4が存在し、さらにそれをFJ(フォーミュラ・ジュニア)が支え、最も底辺がカートレースという成り立ちだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!