autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム なぜ今欧州で「クロスオーバーSUV」がこんなに流行っているのか

自動車評論家コラム 2015/9/20 14:37

なぜ今欧州で「クロスオーバーSUV」がこんなに流行っているのか(1/2)

Text: 桃田 健史 Photo: 桃田健史
なぜ今欧州で「クロスオーバーSUV」がこんなに流行っているのか

日系クロスオーバーが続々と登場

2015年フランクフルトショーの会場を丸3日間くまなく歩いたその感想は「なんだ、クロスオ―バーだらけじゃないか」であった。

その代表例が“マツダ”だ。

「マツダ越(KOERU)は、ここ欧州、そしてグローバルに成長を続けるクロスオーバーSUV市場における、マツダの新たな挑戦です。その名が示すとおり、このコンセプトモデルは既存の概念・枠組みを越えることを意図しています」

ソウルレッドにイメージ統一されたマツダブースで、同社の小飼雅道社長が自信に満ちた表情で言い切った。

「CX-4」、または「CX-6」として量産の可能性がチラチラ見える「越(KOERU)」。デザイン本部チーフデザイナーの小泉巌氏は「デザインではポストモダニズム等の領域、ユーザーの世代ではデジタルネイティブ等を意識し、野生のバイタリティを進化させ、さらに品格を持たせた」とデザイン概念を主張した。

インフィニティ Q30
日産自動車株式会社 専務執行役員 チーフクリエイティブオフィサー(CCO)中村史郎氏

インフィニティの発表では「Q30」が登場。約2年間に渡りコンセプトモデルとして市場調査を繰り返し、満を持して市場投入した。

チーフクリエイティブオフィサーの中村史郎氏は、

「欧州を主体に世界市場に向けた商品だ。欧州はそもそも5ドアハッチバックの文化があるので、セダンベースのクロスオーバーSUVに対して潜在的な需要がある」

と語る。

トヨタ C-HRコンセプト
トヨタ C-HRコンセプト

第四世代「プリウス」が話題の中心となったトヨタ。

ブース中央のターンテーブルでは「C-HRコンセプト」が回っていた。2014年のパリショーに3ドア車として登場した同車。今回は5ドアハッチバックとなった。

トヨタ関係者によると、ホンダ「HR-V(ヴェゼル)」、マツダ「CX-3」等のBセグメントの日系クロスオーバーSUVの対抗策として近年中の量産化を狙う。

車体はTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)で、パワートレインは第四世代「プリウス」との共通性を高める可能性がある。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!