autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート サーブ 新型9-5 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/6/25 11:10

サーブ 新型9-5 海外試乗レポート(2/3)

関連: サーブ 9-5 Text: 西川 淳
サーブ 新型9-5 海外試乗レポート

コンセプトカー「エアロX」の影響を受けたエクステリア

サーブ 9-5
サーブ 9-5サーブ 9-5

新型 9-5は、コンセプトカー「エアロX」から多くのモチーフを拝借している。

エアロX譲りの造形が最もよく現れているのは、フロントからサイドウィンドウにかけて、ぐるりと繋がったグラフィックスだ。ミラーも、併せて2トーンにするという徹底ぶりである。

サーブといえば飛行機。だが、なるほどそれっぽい出で立ちである。

もちろん、顔つきにもエアロXの雰囲気がよく現れている。斜め後ろから見たスタイリングも特徴的だ。ルーフからなだらかに下るエンドピラー、そしてユニークなリアセクションにかけてのスタイルは、サーブ900の再解釈と思えなくもない。

灯火類にLEDを多用するなど、最新トレンドにも意欲的に取り組んだ。

試乗したのは最上級グレードの2.8Tエアロだったが、鋭い目つきに大きなエアダクトのついたフロントバンパーで、けっこういかつい顔つき。

実はもう少し大人しい顔つきもあって、そちらはリニア/ベクターというサブネームで呼ばれている。全体的にシンプルでクリアな造形とした。

これは、スカンジナビアンデザインが主張する“フクザツな方がひと目につくというわけではない”という考え方に基づくものだ。

航空機メーカー由来のサーブとしては、飛行機の胴体のような雰囲気、と言いたいところだろう。

インテリアも「サーブらしく」一新

サーブ 9-5
サーブ 9-5サーブ 9-5

逆L字型のダッシュボードを見て、一瞬、インテリアは従来モデルのままか・・・やっぱり予算不足?と思ってしまったが、そうではなかった。

サーブは、サーブらしく内装をフルモデルチェンジしたまでのことであった。

メーターの指針は明るい緑色となり、サーブ特有のセンターコンソールイグニッションはスターターボタンに取って代わられているが、それ以外、特に気負ったデザインもなく、そのぶん新鮮みには欠けるけれども、サーブを乗り継ぐユーザーには落ち着く場所になるだろう。

何しろ、冒頭にも述べた程度の台数しか作られておらず、しかも最上級モデルである。まずはサーブファンに納得してもらえるクルマに仕立てました、と言われても納得するほかない。

旧型に比べると室内、特に後席が確実に広くなっている。レッグルームが大幅に広くなって、大型サルーンとしての役割もこなせるようになった。

サーブは、アウディのポジションを狙うプレミアムブランドとして、旧同門オペルあたりとの差別化をハッキリと行っている。5ドアではなく純粋な4ドアサルーンだが、トランクスペースには、U字型のカーゴレールなどワゴン並のファシリティがあって面白い。

サーブ 9-5 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

サーブ 9-5 の関連記事

サーブ 9-5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • サーブ 新型9-5 試乗レポート/岡本幸一郎

    試乗レポート

    サーブ 新型9-5 試乗レポート/岡本幸一郎

    航空機メーカーを起源とするサーブ 世界に数ある自動車メーカーの中でも、サーブはかなりユニークな存在といえる。その生い立ちからしてユニークなサ....

  • サーブ 新型9-5 海外試乗レポート

    試乗レポート

    サーブ 新型9-5 海外試乗レポート

    新生サーブの門出を飾る「新型9-5」!サーブファン(マニアックにみえて、けっこう熱心なファンがおられるのです)の皆サマ、お待たせ致しました、....

サーブ 9-5 の関連記事をもっと見る