autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ルノー ウインド 試乗レポート/岡本幸一郎 2ページ目

試乗レポート 2011/8/10 19:27

ルノー ウインド 試乗レポート/岡本幸一郎(2/3)

関連: ルノー ウインド Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
ルノー ウインド 試乗レポート/岡本幸一郎

ルノー・スポールが開発を手がけた走りへのこだわり

ルノー ウインド
ルノー ウインドルノー ウインド

ドライビングポジションはグッと低く、深くえぐられたサポート性の高いシートが装備されている。オープンにして走る際には、開放感が十分に高いながらも、風の巻き込みがかなり小さく抑えられているところもありがたい。

フロントウインドウが大きいほうが風の巻き込みは抑えられるが、もちろん開放感はスポイルされる。そして後方も、できるだけ大きな壁があるほうが巻き込みを抑える上では有利。

ウインドでは、Aピラーの角度や長さの設定がちょうどよく、後方はタルガトップ状に高く覆われていることで、そのあたりの帳尻が上手く合っているようだ。

むろん高速道路を巡航するような速度域では、それなりに巻き込みは大きくなるが、市街地や郊外での一般走行では、あまり気にならないレベルに保たれる。

ルノー ウインドルノー ウインド

ウインドは、走りもなかなか侮れない。

実はF1にも深く携わるルノーのモータースポーツ部門であるルノー・スポールが開発を手がけているというから、どうりでそのはずだ。

オープンボディだし、スペック面で特筆すべきものもないので、雰囲気重視のクルマだろうと予想していたのだが、意外なほど(失礼!)キッチリと作り込まれている。

いたって乗りやすく、乗り心地が十分に快適でありながら、フットワークは俊敏な味付け。

ロールは小さく抑えられており、ステアリングフィールもしっかりしていて、スポーツカーとしても恥じない仕上がり。開放的なオープンエアドライブが楽しめる以前に、ウインドは走りそのものがとても爽快で気持ちいいのだ。

剛性面では不利なオープンボディながら、スカットルシェイクはまったくないわけではないものの、気にならないほど小さく抑えられていることも印象的だ。

見ると、乗降性への配慮からか、高さは抑えられているが、サイドシルはかなり幅広くなっているし、トランクの左右には補強バーが斜めに介されている。

さすがはルノー・スポールなのか、走りへのこだわりは、こうしたところにも見て取れる。

ルノー ウインドルノー ウインドルノー ウインドルノー ウインドルノー ウインド

ルノー ウインド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ルノー ウインド の関連記事

ルノー ウインドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ルノー ウインド の関連記事をもっと見る

ルノー 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22