autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェ パナメーラ S ハイブリッド 海外試乗レポート/金子浩久 3ページ目

試乗レポート 2011/5/20 12:00

ポルシェ パナメーラ S ハイブリッド 海外試乗レポート/金子浩久(3/4)

関連: ポルシェ パナメーラ Text: 金子 浩久 Photo: ポルシェ・ジャパン
ポルシェ パナメーラ S ハイブリッド 海外試乗レポート/金子浩久

電気モーターだけで走っても充分な速さです。

ポルシェ パナメーラ S ハイブリッド

スタートしてベルヒテスガルテンの山を下っていく区間は、ほとんどがコースティングモードに入っていた。山道の前方を行くクルマに追いついてフットブレーキを踏んだりすると、パナメーラSハイブリッドはドライバーが減速を必要としているのだと判断して、エンジンを始動し、エンジンブレーキを発動させる。

十分に減速し、コーナーも緩やかになって落ち着いた途端に、エンジンは音もなく止まり、タコメーターの針がストンッと“0”の位置まで落ちる。コースティング状態に入ったのだ。スピードメーター隣のマルチファンクションディスプレイをハンドル上のロータリースイッチでエネルギーモニターに切り替えて確認すると、タイヤのイラストからバッテリーのイラストに矢印が向かっている。充電しているわけだ。

山を下りきり、国境(と言っても、道端に小さな看板が一枚出ているだけだ)を越えてザルツブルグの町に入った。赤信号で停まった途端に、アイドリングストップした。カイエンSハイブリッドでも同じだったが、排気量の大きなクルマのエンジンがアイドリングストップすると、静寂が車内を覆い、メリハリが効く。

信号が青になって、ゆっくりとアクセルペダルを踏み込んでいく。急に踏み込むと、エンジンが始動して、ガソリンを消費してしまう。でも、そんな心配は要らなかった。電気モーターだけで走っても、パナメーラSハイブリッドは十分に速く、街中の交通の流れをリードするのに十分だった。それでも、再び丘陵地帯に入ってペースを上げて行くと、エンジンが始動する。

ポルシェ パナメーラ S ハイブリッド

加速を終え、アクセルペダルを抜くようにして戻すと、すぐにコースティングモードに入る。エンジンが停まるのだが、走行中の風切り音とタイヤの路面との擦過音に掻き消され、エンジンが停止したことは、よほど注意していない限りタコメーターを見なければわからない。

少し長めの登り直線路が出現したので、アクセルペダルを素早く強めに踏み込んでみた。3リッターV6エンジンは鋭く回転を上げ、7速に入っていたティプトロニックSは、6速、5速と2段落ちた。と同時に、モーターが回転に加わっている様子がエネルギーモニターに示されている。エンジンとモーターからの2本の矢印が、同時にタイヤの方を向いている。

パナメーラSハイブリッドは、トランスミッションがキックダウンしてギアを落とした時と、スポーツモードでアクセルペダルを85%以上踏み込んでいる時にエンジンとモーターが同時にタイヤを駆動させる設計となっている。乗り心地が重厚で穏やかなのは、パナメーラ・シリーズすべてに共通する美点だ。

少しの登り勾配があっても、コースティング状態には入る。そして、コースティング中にパドルでシフトダウンしても少しのブレーキが効いていく。エンジンは停まって切り離されているから、モーターの回転抵抗がシフトダウンによって増し、それがブレーキとなっているのだ。

ポルシェ パナメーラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ パナメーラ の関連記事

ポルシェ パナメーラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ パナメーラ の関連記事をもっと見る

ポルシェ パナメーラ の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円