autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 日産 新型シルフィ 新型車解説

新型車解説 2012/12/5 09:40

日産 新型シルフィ 新型車解説(1/2)

関連: 日産 シルフィ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
日産 新型シルフィ 新型車解説

改めて“セダンのメリット”とは

日産 新型シルフィ日産 新型シルフィ

「最近の子供が描く自動車の絵には、トランクスペースが付いていない」という話を聞くようになって、早くも10年以上が経過する。

売れ筋のジャンルは軽自動車/コンパクトカー/ミニバンで、もはやトランクスペースを備えたセダンは少数派だ。しかし、セダンの魅力が薄れたわけではない。

2012年12月5日に日産から新型車の「シルフィ」が登場したが、新型シルフィの解説へ入る前にまずは「セダンのメリット」について改めて触れておこう。今ではセダンは個性的なジャンルになっているからだ。

セダンの一番の特徴は、軽/コンパクトカー/ミニバンに比べて背が低いこと。軽自動車やコンパクトカーにも背の低い車種はあるが、数は少ない。その点、セダンは国産車で全高が最も高いSX4セダンでも1545mm。大半は1500mm以下に収まり、重心を低く抑えることが可能だ。

加えて、リアシートとトランクスペースの間にボディの骨格が通り、大開口のリアゲートもないからボディ剛性を高めやすい。低重心の高剛性ボディであれば、走行安定性、乗り心地、ノイズなど走りと快適性をバランス良く高められる。

また、軽自動車やコンパクトカーほど価格競争が激しくないから、サスペンション、シート、内装などにコストを費やしやすい。上質なクルマに仕上がるわけだ。

以上のような特徴を持つセダンは、高速道路や峠道を通る長距離ドライブにピッタリ。ボディが左右に振られにくいため、クルマ酔いを防ぐ効果も期待できる。

3ナンバー化されたものの、全長や取り回し性はこれまでとほぼ変わらず扱いやすい

さて新型シルフィについてだが、「ブルーバードシルフィ」の後継モデルに当たる。ちなみに「ブルーバード」初代モデルの登場は1959年。第二次世界大戦前から続く「ダットサン」の後継だった。

「ブルーバード」は日産の、というより量産国産乗用車の歴史を受け継ぐ伝統ある車名だが、「シルフィ」への刷新で終止符を打たれた。クルマ好きとしては、感傷的な気分にならざるを得ない。

日産 新型シルフィ
日産 新型シルフィ日産 新型シルフィ

ボディサイズも変わった。新型シルフィの全長はブルーバードシルフィに対してわずか5mm長い4,615mmだが、全幅は65mmワイド化されて1,760mmになる。

つまりは3ナンバー車で、このあたりも5ナンバーセダンとして発展してきた「ブルーバード」から脱した理由だろう。全高は1,595mm。セダンでは背が高い部類だが、先代型に比べると15mm低くなった。

外観はオーソドックスなセダンスタイルで、ブルーバードシルフィと同じ路線。中国ではファミリーセダン、北米ではパーソナルセダンとして売られ、実用指向を意識させるデザインだ。

外観上の特徴は、ボンネットを短く抑えて有効室内長を長く確保したこと。フロント側のサイドウィンドウの下端が低いことも特徴だ。側方の視界を向上させ、取りまわし性に配慮している。

新型シルフィの最小回転半径は5.2m。ブルーバードシルフィの5.3mを下まわり、小回り性能は良い。3ナンバーサイズに発展したものの、従来型のユーザーが代替えしても違和感は少ないだろう。

日産 シルフィ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 シルフィ の関連記事

日産 シルフィの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 シルフィ の関連記事をもっと見る

日産 シルフィ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25