autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 リーフ 雪上試乗レポート/飯田裕子 2ページ目

試乗レポート 2012/1/25 17:19

日産 リーフ 雪上試乗レポート/飯田裕子(2/3)

関連: 日産 リーフ Text: 飯田 裕子 Photo: オートックワン編集部
日産 リーフ 雪上試乗レポート/飯田裕子

リーフのVDC電子制御は雪上であっても実にスムーズ

日産 リーフ 雪上走行イメージ

試乗時の外気温は-10度。雪の玉を作ろうと思っても固まりにくい。そこで雪上のコンディションも氷上と比べたらはるかにグリップが高い状況だった。

発進時、もたつくことなく走り出すリーフはインバーターが発するキーンという音とタイヤが路面を踏みしめる音だけが耳に入ってくる。

スイスイと走るリーフのスムーズな走行ぶりに、緩やかな登坂路で調子にのってさらに加速しようと試みるも、加速もしないかわりにペースが落ち込むこともない。

「そう言えば・・・」と気づきメーターパネルを覗き込むと、VDCの作動ランプが点滅している。

一般的なクルマならスロットルを制御する様子がググッ、ググッという挙動でもわかるしアクセルを踏み込んでもトルクが出てこないペダルのスカスカな感覚がある。

雪上で日産 リーフを試乗する飯田裕子さん

しかし、電気自動車であるリーフは事もなげに駆動モーターの制御を行い、さらに私がアクセルを床まで踏み込んでも相変わらずシラーっと走り続けたのだ。

路面の滑りやすさを検知し必要な分だけ駆動モーターからトルクを出しているからペダルのスカスカ感もなければ、制御(押さえつけられているような感覚に近いコントロール感)による挙動もないのだろう。

また円形状の走行コースでハンドルの操舵角を一定に保ってグルグルとまわろうとした際、VDCが作動する状態でならその状態も至って簡単に維持しやすかった。

しかもメーター上でVDCのランプが点滅している以外、前出のようなグググッという挙動も私にはほとんど感じられなかった。

日産 リーフ 雪上走行イメージ日産 リーフ 雪上走行イメージ

ところがVDCスイッチをオフにすると、思うようなコーナリングラインを走るのは難しい。

路面の変化はもちろん、ドライバーのアクセル操作で駆動力を微妙に変化させてみた場合も当然ながら一定の円旋回を行うのは難しく、クルマは外へ外へはみ出そうとしていった。

おかげで滑りやすいとは言え、スラローム走行やタイトなカーブに対してもリーフはドライバーが切るハンドル舵角にかなり忠実に曲がってくれた。

「こんなに滑りやすい路面でそんなにタイトなところを曲がりたいなら、そのスピードじゃムリ!」とクルマが曲がる能力を高める代わりにシューッと減速(アクセルのスロットル制御とブレーキによる制御)するようなオシオキ感もなく、本当にスムーズだった。

電気自動車が行うVDC制御のレスポンスの良さや繊細な制御が効果的に体感できた。

日産 リーフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 リーフ の関連記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連記事をもっと見る

日産 リーフ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/17~2017/10/17