autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 リーフ「エアロスタイル」はスタイルだけじゃない、走りがさらに強力だ! 2ページ目

試乗レポート 2016/3/31 11:43

日産 リーフ「エアロスタイル」はスタイルだけじゃない、走りがさらに強力だ!(2/2)

関連: 日産 リーフ Text: 山本 シンヤ Photo: 茂呂幸正
日産 リーフ「エアロスタイル」はスタイルだけじゃない、走りがさらに強力だ!

ターボラグの無いターボ感覚が味わえる「ファインレスポンスVCM」

日産 リーフ エアロスタイル日産 リーフ エアロスタイル

今回、新型リーフで東京から自宅まで走行した。海老名/足柄SAに加え、途中の中井PAにも急速充電器が設置されているので、もしもの時はピットインできる…と、エアコンONで交通に流れに合わせた走行を行なった。

これまでは高速走行時は航続距離がみるみる減っていたが、新型はペースを上げての走行にも関わらず、「あれっ、減りが全然違う」。そこで海老名SAをパスして中井PAで充電しようと思ったが、結局その先の足柄SAもパスして無充電で自宅まで帰れてしまった。それもストレスフリーで…。

そんな新型リーフにスペシャルモデルがある。ライダーシリーズなどを手掛けるオーテックが専用開発し、新たに設定された「リーフ エアロスタイル」。見た目もノーマルモデルとの差がハッキリわかる専用エアロパーツを纏ったスタイルが特徴だ。街でもよく見かけるようになった「リーフ」と比べてスタイリッシュなのはもちろん、高速走行時の直進安定性など走りにも寄与しているはず。

インテリアはモダンホワイトレザーシートを採用し質感向上も図られているが、個人的には長距離の走行が可能になったので、シート自体もサポート性やかけ心地によりこだわった専用品があってもいいかな…と思っている。

ちなみにエアロスタイルにはノーマルよりも全域で加速感を強めた軽快な走りをプラスさせる「ファインレスポンスVCM」を採用。よりダイレクトな加速性能に仕上がった。

今回改めて試乗していても、伸びのある軽快さは本当に気持ちがいい。

普段はECOモードでも全く問題ないが、ノーマルモードに切り替えるとターボラグの全くないターボ(!?)のように滑らかなのに力強い加速を味わえる。ちなみに内燃機関と違ってEVの制御系チューニングは、航続距離にはほとんど影響しないそうだ。

中距離移動でもEVを積極的に使える選択肢

日産 リーフ エアロスタイル日産 リーフ エアロスタイル

自動ブレーキの全車標準化も走行音が静かな「リーフ」には大きなトピック。何せEVはエンジン音のしない、静かさがウリでもあるが、クルマの接近に気がつかない人が多く、万が一の飛び出しなどに保険としてかなり重要だと思う。

充電インフラは、現在急速充電器が6000基、普通充電器が11000基と当初よりもかなり充実してきている。

自動車ディーラー以外にもスーパーやコンビニ、商業施設、道の駅、公共機関などにも設置されているので、日常使いはもちろん、出先での「充電器探し」の心配もなくなっている(もちろん、充電時のマナーはより大事になってきているが)。

個人的には今回の改良で中距離移動であってもEVを積極的に使えるな、と感じた。日本人の一般的な使用状況でCセグメント級のハッチバックの購入を考えているなら、「リーフ」、さらにはスタイリッシュで軽快な走りを加えた「リーフスタイル」を選択肢の一つとして普通に入れてもいいと思う。

[Text:山本シンヤ]

日産 リーフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 リーフ の関連記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連記事をもっと見る

日産 リーフ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/23~2017/10/23