autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート NISSAN GT-Rセミナー「World of GT-R・・・3年後の姿」 3ページ目

イベントレポート 2010/10/25 16:55

NISSAN GT-Rセミナー「World of GT-R・・・3年後の姿」(3/3)

関連: 日産 GT-R Text:
NISSAN GT-Rセミナー「World of GT-R・・・3年後の姿」

効率を突き詰めた結果としての「530PS」

日産 GT-R EGOIST

GT-Rは年に一度点検を行う必要がある。

これについて「当初は暴挙だと言われたが、実際にGT-Rに搭載された走行記録装置を見ると、ドイツのお客さんの中にはアウトバーンを300km/hで15分とか20分連続して、日常的に走っている人がいる」と言う。

「富士スピードウェイでもレーシングカーで300km/h出るのは700m程度。でもGT-Rは300km/hでずっと走れてしまうクルマ。だから1年に1回はアライメントテストをしないといけない。さらに、そういったメンテナンスを皆さんがしてくれるおかげで、中古車の残価率(新車価格と比べた中古価格の比率)は日本でトップクラスを維持している」とした。

水野氏の話は、クルマの設計思想にも及んだ。「最近ではすぐ電子装置に話が行くが、電子装置は所詮制御、起こった後の対処でしかない。もっと大事なのは制御の入る前のベースのグリップ力をどれだけ出せているかだ」と言う。

グリップを生むにはタイヤ自体の性能の他に、空力、慣性力、重さの3つの力しかなく、GT-Rでは独立型トランスアクセルの重さをグリップにつなげているのだとした。これにより、リアタイヤのグリップが決まり、そこからフロントタイヤに必要なグリップが決められ、そのために必要なフロントの重さが決まり、そこで初めてエンジンが決まるのだと言う。

今回のマイナーチェンジで、エンジンが530PSに出力アップしているが、これも「530PSというのは結果でしかなく、突き詰めたのは効率だ」と述べた。

燃焼温度を高めることで効率をアップ。10・15モードよりJC08モード燃費のが良くなったと言う

具体的には燃焼温度を上げたとのこと。一般的なクルマの燃焼温度が800~850度程度のところ、GT-Rでは従来モデルで1060度で燃やしていた。今回のMCでは1100度を超したと言う。これにより環境性能も向上しながら出力も向上している。

また、フリクションも徹底的に低減し「1.7tもあるが暖まれば片手で押せるほど」とのこと。水野氏は燃費とパワー、空気抵抗とダウンフォースなど矛盾すると思われるものも、本質を見れば本当は両立する。クルマはもっと進化すべきだとした。

最後に、ニュルブルクリンクでのテストについて話題が及んだ。

水野氏は「ニュルブルクリンクで走るのはタイムアタックをしてるのではなくタイム計測をしている。タイム計測をしてお客さんに今年のイヤーモデルのスペックはこれだと伝えている」のだと言う。

テストは毎年4月と9月に行っているが、この9月に行うのが重要で、このとき出したデータを元にサスペンションの仕様からエンジンセッティングまでを市販車に反映し、11月の発売に間に合わせるのだとのこと。

「ニュルを8分で走るのなら、多少シートに遊びがあっても平気だが、7分24秒で走るにはそれじゃいけない。だからタイムを公表する。クラブトラックエディションで7分24秒を出しても、スタンダードモデルが8分でしか走れないのでは意味がない。タイム計測したその仕様が、今年のイヤーモデルになる。それがニュルブルクリンクの役目だと思う」とした。

日産 GT-R 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 GT-R の関連記事

日産 GT-Rの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 GT-R の関連記事をもっと見る

日産 GT-R の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20