autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 エルグランド ライダー ハイパフォーマンススペック by AUTECH 試乗レポート/渡辺 陽一郎 3ページ目

試乗レポート 2011/10/28 00:00

日産 エルグランド ライダー ハイパフォーマンススペック by AUTECH 試乗レポート/渡辺 陽一郎(3/3)

関連: 日産 エルグランド Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
日産 エルグランド ライダー ハイパフォーマンススペック by AUTECH 試乗レポート/渡辺 陽一郎

ノーマル顔のハイパフォーマンススペックも欲しい

日産 エルグランド ライダー ハイパフォーマンススペック(右)と、新ラインナップのライダー ブラックライン(左)日産 エルグランド ライダー ハイパフォーマンススペック リア周り

大胆なメッキグリル、ボディの前後左右に装着されたエアロパーツは、オジサン世代から見るとかなり派手だ。

もっとも、派手に感じるのは、エアロパーツがクーペやセダンのスポーティカーから普及した経緯を知っているからだろう。「背の高い空気抵抗の大きなミニバンに、エアロパーツを付けても意味がない」という先入観がある。しかし経緯を知らないユーザーは、アグレッシブ、つまり積極的といったニュアンスではなく、オシャレとかキレイといった受け止め方をしているらしい。

ディーラーのセールスマンからは、「ライダーは奥様にも人気が高い」という声が聞かれる。長年にわたって連れ添った奥様が「ライダーにしましょう」と言い出し、ダンナがビックリするケースもあるようだ。

個人的には外観は普通のハイウェイスター、中身はハイパフォーマンススペックという仕様があると嬉しいが、オーテックジャパンによれば、「ライダーは一種のブランド。チューニングだけでは成り立たない」とのこと。

ならば、前面に押し出さない「裏オプション」のような具合に用意してもらえると嬉しい。

より豪華なリムジンシリーズも切望!

日産 エルグランド ライダー ハイパフォーマンススペック インパネ周り
日産 エルグランド ライダー ハイパフォーマンススペック セカンドシート日産 エルグランド ライダー ハイパフォーマンススペック フロントシート

2012年はエルグランドの生誕15周年。

北米指向を強めたフーガに代わり、今ではエルグランドが往年のセドリック&グロリアのような定番の高級車になった。今後もいろいろなバリエーションの展開が考えられる。

例えば、スポーティなライダーのほかに、プレジデントのようなラグジュアリー指向のシリーズがあっても良いだろう。現行型にもオーテックジャパンが手がける上級仕様の「VIP」グレードがカタログモデルとして用意されてはいるが、もっともっと豪華さを極めた仕様のニーズだってあるはずだ。

危機的な円高で内需の拡大が急務とされる今、北米や中国ではない「日本向けの仕様」に力を入れることが大切になってきた。小回りの利くオーテックジャパンの果たす役割も大きい。

日産 エルグランド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エルグランド の関連記事

日産 エルグランドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エルグランド の関連記事をもっと見る

日産 エルグランド の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20