autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース プジョー、308に新型6速ATを搭載

自動車ニュース 2010/6/3 17:32

プジョー、308に新型6速ATを搭載

プジョー 308SW

プジョーは、プジョー308シリーズのハッチバック並びにSWに6速オートマチックトランスミッションを搭載した新「308 Premium」、「308 Cielo」、「308 SW Premium」を7月より全国の正規販売店網、プジョーディーラーネットワークにて販売する。(メーカー希望小売価格:2,690,000円~3,090,000円、消費税込)

今回、308に搭載される新型6速オートマチックトランスミッションは、プジョー全ラインアップ中、308CC、RCZ、3008に搭載されています。同トランスミッションは、摩擦ロスを最小化すると共に、優れたパフォーマンスを発揮、スムーズなシフトチェンジと高い静粛性が最大の特徴。さらに2速から6速のロックアップ領域を広げることで、ダイレクトなドライブフィールとクイックなシフトレスポンスを実現する。

また新型6速トランスミッションの搭載と同時に、搭載されているツインスクロールターボエンジンが、欧州の排出ガス規制の新基準「ユーロ5」対応エンジンに変更された。また、最高出力が従来の103kW(140PS)から、115kW(156PS)にパワーアップした。(ATモデル比較)

日本に導入されるモデルは、ハッチバックモデルでは、前述の「308 Premium(プレミアム)」とパノラミック・ガラスルーフ、バイキセノン・ディレクショナルヘッドランプ、フロントソナー、17インチアロイホイール、ラミネートサイドガラス等を装備した「308 Cielo(シエロ) 6AT」と「308 Premium 6MT」の3種類、SWが「308 SW Premium(プレミアム)」の1種類。いずれも右ハンドルとなる。

装備・仕様の変更点は、前モデルでレザーシートが標準装備であった「Cielo」は、ファブリック・シートを標準とし、シート、ドア内張り、及びダッシュボードまでレザー仕上げの“インテグラルレザー”を受注オプションとして設定した。 「SW Premium」には前「SW Griffe」相当の装備内容となるレザーパッケージを受注オプションとして設定。 尚、308 Style(4AT)は、同シリーズのエントリーモデルとして継続して販売する。

今回、ドライブトレインの一新、装備の見直しを行うと共に、車両本体価格の大幅な引き下げを行った。

価格は対前モデルに比べ、「308 Premium 6MT」並びに「308 Premium 6AT」は20万円ダウン、「308 Cielo」は、ファブリックシートの標準設定に伴い36万円ダウンという大変魅力的な価格設定となっている。尚、エントリーモデルの「308 Style(1.6リットルエンジン/4速AT)」は、本年3月末に価格改定を実施、15万円の値下げを行っており、車両本体価格は254万円と据え置かれている。

プジョー 308 関連ページ

プジョー 308SW 関連ページ

プジョー 308CC 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 308 の関連記事

プジョー 308の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 308 の関連記事をもっと見る

プジョー 308 の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円

  • プジョー

    新車価格

    263万円285万円