autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース メルセデス・ベンツ、Eクラスカブリオレを新発売

自動車ニュース 2010/4/20 16:55

メルセデス・ベンツ、Eクラスカブリオレを新発売

新型Eクラスカブリオレ

メルセデス・ベンツは、メルセデス・ベンツ新型Eクラスにコンバーチブルモデル「E 350 カブリオレ」を加え、本日より全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じ発売した。価格は898万円(税込)。

■メルセデス・ベンツ新型Eクラスカブリオレの特長

快適性:オープンドライブの可能性を飛躍的に広げるエアロダイナミクス

ボタン1つで起動し、室内に発生する乱流を大幅に低減し、オープン時における乗員の快適性を大幅に向上する新開発「エアキャップ」(オプション)。

フロントウィンドウフレーム上部の可動式ウインドディフレクターと、リア左右ヘッドレスト間の可動式ドラフトストップにより以下の機能を実現。

・フロントのウインドディフレクターにより車両上部の気流を持ち上げ、室内の空気を滞留させる

・リアのドラフトストップにより、逆流(風の巻き込み)を低減

・60km/hまでの速度で起動することができ、最高速度までそのまま使用可能

・室内に発生する乱流を低減することで、静粛性にも寄与

フロントシートおよびリアシートのヘッドレストに設けた吹き出し口から温風を吹き出し、前席乗員の首元を暖める「エアスカーフ」(オプション)。

・角度を上下に36度調整できる吹き出し口を新しく採用、ヘッドレストの高さ調整機能と合わせ、乗員の体格に合わせた調整が可能

ソフトトップを採用した4シーター・コンバーチブルモデルとしては最高水準の室内静粛性を実現するアコースティックソフトトップを標準装備。

・厚さ23.5mmの多層構造により遮音性がきわめて高く、外部騒音や風切音を効果的に吸収し、室内の騒音を大幅に軽減

・耐候性・断熱性にすぐれた素材、構造により、季節を問わず1年中、クーペモデルと同等の室内環境を実現

・停車中もしくは走行中40km/h以下で開閉が可能。開閉に要する時間は約20秒

・コンパクトに収納されるソフトトップ構造により、オープン/クローズ時を問わず使い勝手のいいトランクルームを実現(VDA方式: ルーフクローズ時:342リッター/オープン時:252リッター)

デザイン:美しく優雅なデザイン

1960年代の「ポントン・メルセデス(W 120)」の特徴的なリアフェンダーをデザインエッセンスと採り入れながら、先進的でシャープな面と線を強調し、エレガントさとダイナミックさを融合したスタイリング。クローズ時にはカブリオレならではの優雅なシルエットをもたらすソフトトップを採用。

2色のボディカラーと3色のソフトトップの組み合わせと、同系色でまとめられたデザインとコントラストカラーによる2トーンデザインの8種のインテリアカラー、それに合わせた3種のインテリアウッドトリムにより多彩なカラーコンビネーションを実現。

内外装をスポーティに仕上げるAMGスポーツパッケージや、ウッドレザーステアリングや上質なナッパレザーなど内装のエレガントさを増すラグジュアリーパッケージを設定、豊富なカラーコンビネーションと合わせ、お客様の嗜好に合わせた多彩な選択が可能。

安全性:ダイナミックなハンドリングと快適な乗り心地を高い次元で両立

2本のチューブ状の超高張力鋼板を内蔵したAピラーをはじめ、ドア周辺、後席後方部に高張力鋼板や超高張力鋼板を多用し、カブリオレ専用に綿密に計算されたボディ設計により、オープンモデルでありながら優れた衝突安全性を実現するとともに、高いボディ剛性により不快な振動を抑え、快適な乗り心地と高度な操縦安定性を実現。

運転席・助手席エアバッグ、前席・後席サイドバッグ、SRSニーバッグ(運転席)に加えて、ドアパネルのベルトライン部分に内蔵され約17リットルの容積で約0.7m×0.5mの広い部分をカバーするSRSヘッドバッグと胴や骨盤周辺にかかる負担を軽減するSRSぺルビスバッグを新たに採用。合計11個のエアバッグにより、さまざまな衝突事故における乗員へのダメージを軽減。

万一の横転時には、堅牢なバーを内蔵したリアヘッドレストが瞬時に上昇するオートマティックロールバーと、超高張力鋼板チューブを内蔵したAピラーにより、乗員の安全空間を確保

環境適合性:空力特性にすぐれたボディデザインや駆動ロスを低減した補器の採用など、燃費効率を改善するBlueEFFICIENCYテクノロジーによる環境適合性を向上

燃費向上に貢献するクラストップレベルのCd値0.28を実現。欧州仕様参考値)

バッテリーが80%以上充電されている場合に作動を休止する省エネルギータイプのオルタネータや、運転状況に応じアシスト量を制御するECOパワーステアリングポンプにより、補機類の駆動ロスを軽減。

運転状況に応じてガソリン供給量をきめ細かく制御する燃料ポンプ。

転がり抵抗を最大17%低減した新開発ECOタイヤ(AMGスポーツパッケージ装着車除く)。

平成22年度燃費基準を達成する優れた燃費経済性を実現。平成17年排出ガス基準75%低減レベル(★★★★低排出ガス車)認定も取得し、「経年車(車齢13年超車)の廃車を伴う新車購入補助」の対象の認定を取得。

メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレ の関連記事

メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレ の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレ の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    682万円1,014万円