autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ミハエル・シューマッハ、F1復帰戦は6位

自動車ニュース 2010/3/16 07:53

ミハエル・シューマッハ、F1復帰戦は6位

ミハエル・シューマッハは、復帰戦となった2010年F1開幕戦バーレーンGPを6位で終えた。

7度の世界チャンピオンに輝いたミハエル・シューマッハは2006年でF1を引退したが、今年メルセデス・ベンツのワークスチームである「メルセデスGP」からF1復帰を果たした。

メルセデスGPは、シューマッハとフェラーリで一時代を築きあげた名称ロス・ブラウンがチーム代表を務めるチーム。昨年はブラウンGPとしてドライバーズタイトルとコンストラークターズタイトルの両方を獲得した。

予選7番手からスタートしたミハエル・シューマッハは、オープニングラップで6位に浮上。そのまま順位をキープし、6位入賞を果たした。

チームメイトのニコ・ロズベルグは、シューマッハを上回る5位でフィニッシュした。

ミハエル・シューマッハ

「3年間のブランクがあったが、こうして楽しく走れたことが今日の何よりの収穫だ。6位でフィニッシュできたので、自分にも、チームにも、いい基礎ができた気がする。スタッフとともにポジティブなレースをすることができた。マシンパフォーマンスをさらに向上させる自信もあるし、ここから発展させて行きたい。また、カムバックをサポートしてくれたスタッフ全員にお礼を言いたい。ライバルには遅れを取っている部分もあるが、先はまだ長い。必ず追いつけると確信している」

ニコ・ロズベルグ

「今日は素晴らしいスタートだった。オープニングラップで4位になれたのは嬉しかったが、オプションタイヤによる第1スティントでは、思ったようにペースが上げられなかった。ルイス・ハミルトンには、ピットストップ戦略でしてやられた。なぜあのようなことになったのか、後でデータを分析する必要があると思う。とはいうものの、5位完走という結果は悪くない。ここからさらに向上できると信じている」

ロス・ブラウン

ミハエル・シューマッハ

「ニコとミハエルは、それぞれ5、6位でフィニッシュするという素晴らしい仕事をしてくれた。彼らのパフォーマンスと努力にふさわしいクルマを提供するのは、我々の義務だ。今のマシンでは、一発のペースもレースペースも不足している。あれ以上の結果は望めない。ハードワークを続ける必要があるが、今後数戦でパフォーマンスを向上させることができるだろう。今週末、チームは素晴らしい仕事をした。ドライバーがふたりとも代わって迎える初めてのレースで、ダブルポイント・フィニッシュという結果は心強い」

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!