autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アウディ、電気自動車「e-tron」を2012年に発売

自動車ニュース 2010/3/4 11:03

アウディ、電気自動車「e-tron」を2012年に発売

関連: アウディ

「Q5 ハイブリッド」を2010年、「A8ハイブリッド」を2011年に発売

アウディは、電気自動車「e-tron」を2012年末に発売する予定であることをジュネーブモーターショーで明らかにした。また2010年に、ガソリンエンジンと電気モーターを搭載したアウディ初のハイブリッドカーとなる「Q5 ハイブリッド」を発表、「A8ハイブリッド」を2011年に発売することを発表した。

アウディは、2010年ジュネーブモーターショーでA1 e-tron スタディを世界初公開。これは、電気駆動システムにおけるアウディ AGのノウハウを、コンパクトカーセグメントに適用したモデルとなる。アウディはまた、2012年末、昨年のフランクフルトモーターショー(IAA)で公開した”e-tron(イートロン)”を発売する予定。限定生産される“e-tron”は、アウディ AGが初めて市場に送り出す電気自動車となる。

アウディAG取締役会会長のルパート シュタートラーは次のように述べた。

「将来お客様は、幅広いパワートレイン技術の選択肢の中から車を選ぶことができるようになります。アウディ AGは、高効率なTDIおよびFSIエンジンと平行して、幅広いモビリティニーズに最適な形で電気による動力源を提供します。ハイブリッドカーの次には、電気自動車の時代が来ると考えています。」

その際、“e-tron”という名称は重要な役割を果たすことになる。「クワトロが4輪駆動と同義語になったのと同様に、“e-tron”は電気自動車におけるアウディ AGのブランドネームになります。」と、シュタートラーは続けた。

また、アウディ AGは「A8 ハイブリッド コンセプト」を初公開。A8ハイブリッド コンセプトのCO2排出量144g/kmは、フルサイズの車として最も優秀な数値を記録する。

アウディAG技術開発担当取締役であるミヒャエル ディックは「我々は、現在フルハイブリッドとして知られている技術は、消費燃料を節約するための限定的な技術であると考えています。やがて、ドライバーが純粋な電気モードでより長い距離を走ることを求めるようになると、プラグインハイブリッドが主流になると考えています。」と述べた。

「ゼロエミッションによる短距離移動の要求が大きく高まっている現在、電気自動車は明らかに都市部において強みを持っています。」

アウディ AGは、ハイブリッドおよび電気自動車に加えて、燃料電池やエネルギー源として水素を使用する基本推進コンセプトも、長期的な計画に基づいて継続的に開発している。

アウディ AGは、内燃エンジンの設計およびその周辺技術の継続的な進歩に焦点を当て、毎年約20億ユーロを開発プロジェクトに投資。電気自動車には、より一層の重点が置かれている。この分野において、フランクフルトモーターショーで発表された“e-tron”は、大きな意義を持つ。同時に、さまざまな研究開発活動が、戦略的にグループ分けして行われる。

アウディ AGは、電気自動車というテーマに取り組むために、eパフォーマンス プロジェクトハウスを設立。2009年秋以降、このチームは、ドイツ政府教育省のサポートを受けながら、同研究プロジェクトに従事している。アウディAGの開発スタッフとさまざまな大学の科学者から構成されるこのチームのメンバーは、ボディ、バッテリー、パワーエレクトロニクスを含む新しい総合的な電気自動車コンセプトの開発に取り組んでいる。

アウディ A1 e-tron スタディ

アウディ AGは、“e-tron”モデルファミリーを徐々に拡大しつつある。アウディ AGがジュネーブモーターショーで発表する「A1 e-tron スタディ」は、革新的なメガシティビークル(MCV)。同ファミリーの“e-tron”スポーツカーと同様に、この車は電気的に駆動され、都市部において50km以上の航続距離を持っている。最高出力75kW(102ps)を発生する。バッテリーの電力を使い果たした場合、シングルローターのロータリーエンジンおよびジェネレーターから構成される極めてコンパクトなレンジエクステンダーが、最大15kWの出力でバッテリーを充電する。この装置を使用することによって、A1 e-tron スタディの航続距離はさらに200km延長する。このレンジエクステンダー付車両を燃費基準に基づいて計算すると、A1 e-tronスタディの平均燃費は1.9リッター/100kmで、これはCO2排出量わずか45g/kmに相当する。

アウディ A8ハイブリッド コンセプト

A1 e-tronアウディ A1 e-tronA8 ハイブリッドアウディ A8 ハイブリッド

アウディ AGは、ジュネーブモーターショーにおいて、A8ハイブリッド コンセプトを展示。この2種類のパワーユニット(2.0 TFSIと電気モーター)は、合計で最高出力180kW(245ps)、最大トルク480Nm(354.03 lb-ft)を発生。このパワーによって、A8ハイブリッドは、従来の大排気量6気筒エンジンと同等の素晴らしい性能を得ている。電気モーターを使用する系統的なダウンサイジングによって、平均燃費わずか6.2リットル/100km、CO2排出量は144g/kmという素晴らしい数値を達成している。「アウディ A8 ハイブリッド コンセプト」は、不必要な摩擦とパワーロスを防ぐ極めて効率的な原理であるパラレル ハイブリッドシステムを採用。155 kW(211ps)を発生する2.0 TFSIエンジンと8速ティプトロニック トランスミッションの間に、33kW(45ps)の出力と211Nm(155.63 lb-ft)の大トルクをパワートレインに追加供給するパワフルな電気モーターが搭載する。この「A8ハイブリッド コンセプト」は、ガソリンエンジン単体、電気モーター単体、またはその両方で走行することのできるフルハイブリッドカーに分類される。純粋な電気駆動モードの場合、この車は最高65km/hの速度で、2km以上の距離を走行することが可能。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ の関連記事

アウディの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ の関連記事をもっと見る

アウディ の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/19~2017/10/19