autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース X6にフルハイブリッド、BMW ActiveHybrid X6

自動車ニュース 2009/8/14 15:49

X6にフルハイブリッド、BMW ActiveHybrid X6

関連: BMW X6

BMWは、BMWとしては初のフルハイブリッド車「BMW ActiveHybrid X6(アクティブハイブリッド X6)」を発表した。直噴ガソリン4.4リットル V8ツインターボに2つのモーターを組み合わせ、量産ハイブリッド車としては最強の最大出力480ps、最大トルク79.5kgmを発生。燃費はベース車両に対して20%向上させている。

ベースグレードは、xドライブ50i。ハイブリッド仕様のエンジンは、50iと同じ直噴ガソリン4.4リットル V8ツインターボ。エンジン単体での最大出力は、400ps/5,500-6,400rpm、最大トルクは62.2kgm/1,750-4,500rpm。ハイブリッド仕様は、エンジンに2基のモーターを追加。主に低速用が91ps、26.6kgm、高速用が86ps、28.5kgmのスペックとなる。結果、トータル出力は480ps、79.5kgmという圧倒的パワーを獲得。BMWは、量産ハイブリッド車で最強のパワーと述べている。

このパワーは、3つの遊星ギアと4つのマルチプレートクラッチで構成する「7速ツーモードアクティブトランスミッション」(ECVT)と、4WDの「xドライブ」を介して路面に伝えられ、0-100km/h加速5.6秒、最高速250km/h(リミッター制御による)の卓越したパフォーマンスを発揮する。

2次電池はリチウムイオンではなく、液冷式の高圧ニッケル水素バッテリーで、荷室フロア下にレイアウトされる。蓄電容量は2.4kWhにとどまる。それでも、車両重量2.5tに迫るヘビー級のX6を最大約2.6km、最高速60km/hでゼロエミッション走行させる。アイドリングストップや回生ブレーキも装備された。

アクティブハイブリッドX6の燃費は「50iグレードの約20%増」と公表している。CO2排出量は、50iグレードの299g/kmから231g/kmへと、約23%改善。排出ガス性能はユーロ5と米国のULEV2に適合している。

外観上はハイブリッド車を見分ける目立った特徴はない。フロントドアやテールゲートのトリムバーが、エコをイメージさせるブルーウォーターメタリックで仕上げられている。

アクティブハイブリッドX6は、9月に行なわれる第63回フランクフルトモーターショーで正式発表される。

※画像をクリックすると、フォトギャラリーへリンクします。

BMW ActiveHybrid X6BMW ActiveHybrid X6インパネ高精度インジェクションとツインパワーターボのV型8気筒エンジンアルミホイール

BMW X6 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW X6 の関連記事

BMW X6の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW X6 の関連記事をもっと見る

BMW X6 の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25