autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フォーミュラニッポン第4戦、デュバル(NAKAJIMA RACING)が雨中のレースを完勝

自動車ニュース 2009/6/29 11:44

フォーミュラニッポン第4戦、デュバル(NAKAJIMA RACING)が雨中のレースを完勝

全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第4戦の決勝レースは、6月28日、富士スピードウェイで行われた。強い雨という厳しいコンディションで行われ、No.31 ロイック・デュバル(NAKAJIMA RACING)が優勝。そして、No.37大嶋和也(PETRONAS TOM'S)が、今季のルーキーで表彰台一番乗りとなる2位に入賞を果たした。

フォーミュラ・ニッポンのスタート進行が始まる13時30分過ぎ、雨が激しくなり始める。決勝前のウォームアップ走行は路面が滑りやすい状況で、No.41 伊沢拓也(DOCOMO DANDELION)が100R入り口でスピンし、ダミーグリッドに着くことができず。最後尾からのスタートになった。

雨が多いため、セーフティーカーの先導でレースはスタート。3周を終えた時点でセーフティーカーがコースから退去し、実質的なレースがスタートした。

トップはポールポジションのデュバル、No.8 石浦宏明(Team LeMans)、No.20 平手晃平(ahead IMPUL)と続いた。続いて、No.1 松田次生(LAWSON IMPUL)をNo.10 塚越広大(HFDP RACING)がパス。その後方では、No.36 アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TOM'S)がチームメイトの大嶋をパス。その後、松田に追われていた塚越は、10周目の1コーナーのブレーキングでオーバーラン。松田だけでなく、ロッテラーの先行も許した。この頃、トップのデュバルは2番手の石浦に対し、1周1秒ずつ差を広げていった。

その後、トレルイエがピットガレージにマシンを入れ、松田が300Rで燃料ポンプのトラブルのためマシンを止めた。松田がストップしたことで目の前が開けたロッテラーは3番手に浮上。

34周目に、伊沢が100Rの出口でスピンし、コース上でストップ。セーフティーカーが導入され、多くのチームが動く。トップのデュバルをはじめ、石浦、平手、塚越、小暮が続々とピットイン。一方、ロッテラー、大嶋、ライアン、さらに目の前にセーフティーカーが入ってしまった立川はピットに入らなかった。

ここでまたハプニングが発生。セーフティーカーは、35周を終えたところで立川を前に出し、立川が隊列の最後尾についた所で再スタートが切られるはずだった。ところが立川を前に出した後、セーフティーカーはこの時点でトップに立っていたロッテラーをも前に出してしまう。これで順序が崩れたため、デュバル以下のマシンをすべてもう一度前に出し、隊列を組み直すことになる。この間に、ロッテラーはピットイン。給油を終えてコースに戻ろうとするが、セーフティーカーの隊列と重なって、コースには入れず。結局、9番手となった。

レースがリスタートしたのは、38周終了時。ここでもデュバルはトップのまま1コーナーへ。これに無給油の大嶋、ライアン、給油した石浦、平手、塚越らが続く。結局、その後、トップ集団に順位の変動はなく、デュバルがそのまま優勝。2位に大嶋、3位にライアンが入賞した。大嶋は、今季ルーキー初の表彰台となった。

今回の結果により、デュバルは一気にシリーズポイント11を獲得。対するトレルイエはノーポイントで、2台の差は1ポイントとなった。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!