autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スバル、新型レガシィを公開…北米仕様は3.6リッター6気筒エンジンも搭載

自動車ニュース 2017/2/14 12:25

スバル、新型レガシィを公開…北米仕様は3.6リッター6気筒エンジンも搭載

2018年型レガシィ(米国仕様車)
2018年型レガシィ(米国仕様車)

富士重工業は、2月9日から開催されている2017年シカゴオートショーで、新型レガシィ(米国仕様車)の2018年モデルを初公開した。

エクステリアでは、新型ヘッドランプとフロントグリルを採用し、スバルらしい精悍なフロントフェイスとした。

リアにはディフューザーを表現した2トーンのバンパーや新デザインの17インチアルミホイールを採用し、スポーティな印象とした。

新造形のドアミラーはLEDターンランプを備えることで、空力や静粛性、他のクルマからの視認性を向上させた。

>>スバル 2018年型レガシィ(米国仕様車)の写真を見る

2018年型レガシィ(米国仕様車)

インテリアは、一体型の大型センターパネルを採用し、中央には8インチの大型ディスプレイを設置。

ブラックとシルバーフレームのパーツを効果的に使うことで、質感が向上した。

また、インパネやドアトリムにステッチを施し、上品なイメージを演出。さらにスポーティなデザインの新型ステアリングホイールを採用した。

今回の改良で、サスペンション設定の最適化等により、操縦安定性と乗り心地がさらに向上。エンジンやCVT特性を変更することで、メリハリのある気持ち良い加速感を実現した。

北米仕様に搭載されるエンジンは、2.5リッター水平対向4気筒と3.6リッター水平対向6気筒の2種類としている。(日本は2.5リッターエンジンのみ)

安全性能では、ステアリングの操作に合わせてヘッドランプの光軸を左右に動かすステアリング連動ヘッドランプを採用し、コーナーや交差点などで車両の進行方向を照射して夜間の走行時の視認性を向上させた。

2018年型レガシィ(米国仕様)の主な仕様

ボディサイズ (全長×全幅×全高):4802x1840x1500mm

ホイールベース:2750mm

エンジン:2.5リッター水平対向4気筒 FB25エンジン(2.5i)/3.6リッター水平対向6気筒 EZ36エンジン(3.6R)

排気量:2498cc(2.5i)/3630cc(3.6R)

トランスミッション:リニアトロニック(CVT)

最高出力:175hp/5800rpm(2.5i)/256hp/6000rpm(3.6R)

最大トルク:174lb.-ft./4000rpm(2.5i)/247lb.-ft./4400rpm(3.6R)

タイヤサイズ:225/55 R17、225/50 R18

乗車定員:5名

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィB4 の関連記事

スバル レガシィB4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィB4 の関連記事をもっと見る

スバル レガシィB4 の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/13~2017/12/13