autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 新型「ゴルフ GTE」VW独自のプラグインハイブリッドシステムに迫る

自動車ニュース 2015/9/9 10:50

新型「ゴルフ GTE」VW独自のプラグインハイブリッドシステムに迫る

フォルクスワーゲン「ゴルフGTE」

フォルクスワーゲン初のプラグインハイブリッド(PHEV)「ゴルフGTE」が9月8日より発売開始した。

「ゴルフ GTE」には、110kW/150PSの1.4リッターTSI(直噴ガソリンターボ)エンジンと、80kW/109PSの電気モーターを組み合わせたパラレルハイブリッド式のパワートレインが搭載されている。電気モーターは、エネルギー容量8.7kWhの高電圧リチウムイオンバッテリーから電力供給を受ける。

バッテリー充電は、フロントグリル中央にあるVWバッジの背後に設置した充電ソケットから行う。200Vで充電した場合、約3時間ほどで満充電となる。車載のインフォテイメントシステムもしくは“Car-Net e-Remote”のアプリであらかじめ出発時刻をセットしておけば、そこから逆算して適切なタイミングで充電をはじめ、出発までにバッテリーを満充電にすることが可能だ。

フォルクスワーゲン「ゴルフGTE」

一方、トランスミッションは、フォルクスワーゲンがPHEV専用に開発した6速DSGを採用。エンジン側の遮断用クラッチとDSG内部の2つのクラッチの合計3つのクラッチがある。

シフトレバーが「D」レンジにあって、ドライバーがアクセルから足を離すと、システムがエンジン側の遮断用クラッチを自動的に切って、TSIエンジンをドライブアクスルから切り離し、エンジンを完全に停止させて惰性走行(コースティング)モードになり、燃料消費を抑える。

エンジンを再始動するときには、遮断クラッチを締結する。一方、シフトレバーが「B」レンジにある場合、アクセル操作と連動して、積極的にエネルギーを回生し、駆動用バッテリーに充電する仕組みとなっている。

フォルクスワーゲン「ゴルフGTE」

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/21~2017/10/21

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円