autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ランボルギーニ、同社史上最高の売上を記録

自動車ニュース 2014/3/14 17:19

ランボルギーニ、同社史上最高の売上を記録

ランボルギーニは、2013年度の売上記録が「5億800万ユーロ」に達したことを発表した。

世界中で顧客に納車された台数は2,083台から2,121台に増加。イタリアのスーパースポーツ カーメーカーであるランボルギーニは3年連続で売上を伸ばした。これらの売上数は、スーパースポーツカーセグメントの市場動向をはるかに凌いでいる。

売上高は4億6,900万ユーロから5億800万ユーロに順調に成長。納車数の増加に対し売上高の増加率が高い理由は、最高級モデルであるV12エンジン搭載の「ランボルギーニアヴェンタドール LP 700-4」の販売数が2013年に1,001台となり、売上が向上したことによるものである。

この販売数はV12エンジン搭載のランボルギーニモデルとしては記録的であり、2012年の922台から9%の増加となっている。市場への導入から2年半が経った今も、クーペとロードスターともに今後12ヶ月間の生産は予約注文で埋まっている。

2013年、不朽の名車「ランボルギーニガヤルド」は、生産終了の年を迎えた。2013年も、1,161台を販売した2012年に続き、1,120台という非常に安定した納車数を記録。全ライフサイクルでの売上総台数は14,022台となり、ガヤルドはランボルギーニ史上最大のベストセラーとなった。

◎関連記事:ランボルギーニ、「ガヤルド」の10年間に及ぶ生産の歴史に幕

ランボルギーニのステファン・ヴィンケルマン社長は「50周年を迎えたこの年に大変満足のいく業績を残すことができ、改めて当社の製品や商業戦略の強みを確認いたしました。当社はとても強固な経済的基盤から未来に向かって、新たに発進します。大変魅力的な新モデルのラインナップもそろっています。R&Dへ売上総額の20%を超える多額の投資を継続するとともに、生産施設への投資も継続します。市場も回復していることから、短期的、長期的に堅実な世界的成長の段階に入ると見込んでいます。」と述べた。

また、ガヤルドの後継車として、新モデルの「ランボルギーニ・ウラカン LP 610-4」が、2014年ジュネーヴモーターショーで世界デビューを果たした。現在、世界中の市場や顧客から大きな反響があった。ウラカンはすでに1,000台以上の注文が寄せられている。

◎関連記事:【ジュネーブショー2014】ランボルギーニ、「アドペルソナム」による特別仕様車を展示

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ランボルギーニ の関連記事

ランボルギーニの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランボルギーニ の関連記事をもっと見る

ランボルギーニ の関連ニュース

ランボルギーニ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21