autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース NISSAN ZEOD RCのル・マン参戦ドライバーにルーカス・オルドネスを起用~史上初となる電力のみでのル・マン一周フル走行へ~

自動車ニュース 2014/2/7 15:14

NISSAN ZEOD RCのル・マン参戦ドライバーにルーカス・オルドネスを起用~史上初となる電力のみでのル・マン一周フル走行へ~

関連: 日産
ルーカス・オルドネス選手とNISSAN ZEOD RC

日産・プレイステーションGTアカデミーの初代勝者で、ル・マン24時間ではこれまでにLMP2クラスで2度の表彰台フィニッシュを決めているルーカス・オルドネス選手が、日産の革新的なプロトタイプレーシングカー、「NISSAN ZEOD RC」をル・マンで駆る最初のドライバーに決まった。

◎関連記事“ゲーマー”から“レーサー”へ!ルーカス・オルドネス選手インタビュー/Meet The Professiona

この「NISSAN ZEOD RC」は、今年のル・マン24時間では、史上初めてサーキット一周13.6kmすべてを電力のみで走行する。マシンの動力源には電気モーターと共に、わずか40kgと軽量でありながら400馬力を発生する1.5リッター3気筒ターボエンジンを組み合わせている。

今年のル・マン24時間レース参戦に向けて、同マシンには、レースの主催者であるACO(西部自動車クラブ)から、革新的な技術を披露するマシンのための特別エントリー枠「ガレージ56」が与えられている。

「NISSAN ZEOD RC」は燃料タンクを使用しての走行に加え、さらに電力のみでの走行で一周を走り切る。燃料で走行する間、マシンのバッテリーはブレーキの回生エネルギーによって充電。また、カーボンブレーキから発生する熱をリサイクルして、電力を発生させている。

この開発プロジェクトは、日産が2015年に目指しているル・マン24時間及びFIA世界耐久選手権(WEC)でのLMP1クラス参戦計画の一環となっている。

オルドネスは、2008年に初めて行われた日産/プレイステーションGTアカデミーで優勝。2011年にはル・マン24時間でのデビューを果たし、このフランス伝統の耐久レースにはこれまでに3回参戦、うち2回はLMP2クラスでの表彰台に上がっている。また2011年にはインターコンチネンタル・ル・マンカップ(ILMC)でタイトルを獲得し、昨年はブランパン耐久シリーズでチャンピオンに輝いている。

日産グローバルモータースポーツダイレクター、ダレン・コックス氏は、「GTアカデミーの初代勝者になってから、ルーカスはLMP2、GT3、GT4、SUPER GT、さらにはV8スーパーカーと、日産のあらゆるカテゴリーのレーシングマシンで、持ち前の速さと才能を発揮してきました。こうした彼の幅広い適応能力は、NISSAN ZEOD RCのレース実戦でのドライバーに起用する上で、重要な決め手のひとつとなりました」と「このNISSAN ZEOD RCは、どんなクルマとも違う、非常にユニークなマシンです。このマシンをドライブするということは、これまでとはまったく違う経験をするということです。ル・マンに起用する3人のドライバーには、適応力と、学ぼうとする意欲が求められます。ドライバーにとっては、日産のためだけではなく、自動車産業にとっても極めて重要なプロジェクトに関わるという、貴重な機会でもあるのです」と述べた。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/14~2017/12/14