autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱自、新型プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』を発売

自動車ニュース 2012/12/26 14:00

三菱自、新型プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』を発売

三菱自は、EV派生型の「プラグインハイブリッドEVシステム」を搭載した新型『アウトランダーPHEV』を、2013年1月24日(木)より販売開始する。販売価格(消費税込)は、3,324,000~4,297,000円。

三菱 アウトランダーのグレード・価格など詳細はこちら

エコカー減税(免税)及び平成24年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金(上限額430,000円)の対象車となり、補助金が適用された場合の実質的な車両本体価格は2,894,000円からとなる。

『アウトランダーPHEV』は、充電電力使用時走行距離60.2km(JC08モード)を達成し、日常生活はほぼEVとして使用可能で、エンジン車と同等の航続可能距離(JC08モードで897km)も確保。

また、低燃費かつ快適な走行を実現するために、走行状況やバッテリー残量に応じて、最適な走行モードを自動で選択する。外部充電による電力の積極的な活用、効率の高い領域でのエンジン運転、減速時のエネルギー回収などによりガソリンの消費を極力抑えて、プラグインハイブリッド燃料消費率(複合燃料消費率)567.0km/L(JC08モード)、ハイブリッド燃料消費率18.6km/L(JC08モード)を達成。

さらに、新開発の「ツインモーター4WD」と、車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」との組み合わせにより、車両の走行安定性を高め、クルマを意のままにコントロールすることを可能としている。立ち上がりから高いトルクを発生するモーターの特性は、大排気量・高出力エンジン車並みの加速レスポンスが得られるなど、優れた環境性能と走行性能を誇る。

他にも、「100V AC電源(1500W)」を装備しており、車載コンセント(車内2箇所に設置)から交流100Vを最大1500Wまで出力することが可能。アウトドアレジャーや非常時において、各種家電製品等へ電力を供給することができる。目安は、バッテリーのみで一般家庭の電力消費量の約1日分相当、エンジン発電を含めると最大で約10日分相当の電力供給が可能となる。

ラインナップは、実用装備の「G」、先進安全技術「e-Assist(イーアシスト)」を標準装備した「G Safety Package」、さらにカーナビゲーション等を追加した「G Navi Package」、「ロックフォードフォズゲート プレミアムサウンドシステム」や本革シート等の快適装備も充実した「G Premium Package」と、装備を厳選した「E」の計5グレード構成となる。なお、新型『アウトランダー』で装着率が8割以上に達している先進安全技術「e-Assist」は、「G Safety Package」から標準装備。「G」と「G Safety Package」の価格差を95,000円に抑え、買い得感のある安全装備となっている。

三菱 アウトランダー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 アウトランダー の関連記事

三菱 アウトランダーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 アウトランダー の関連記事をもっと見る

三菱 アウトランダー の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26