autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 日産 フーガ 500km実燃費レビュー【総評編】 2ページ目

燃費レポート 2010/3/12 15:43

日産 フーガ 500km実燃費レビュー【総評編】(2/2)

関連: 日産 フーガ Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
日産 フーガ 500km実燃費レビュー【総評編】

フーガは日産のDNAを強く受け継いでいる

日産 フーガ

端正な出で立ちの先代フーガから、モデルチェンジによりガラリと趣向を変えたのが、現行フーガである。

エクステリアは抑揚の強いボディラインでまとめられるようになり、インテリアもさまざまな曲線を駆使し、情緒豊かに作り込まれている。革、ウッド(本物の銀粉を擦り込んだものも!)、金属などの素材の質感や色のコーディネーションにおいて、吟味に吟味が重ねられている。

無味乾燥なインテリアになりがちなフォーマルユースのクルマたちの中に、きっと一石を投じることになるだろう。また、「370GTの方が、よりスポーティ」と書いたが、250GTもスポーティである。

マーケットでライバルとなるであろうクルマの中では、抜群のドライバーズカーだ。

東関東道を富里から潮来に向けて走っていた時に、高速道路にしてはコーナーとアップダウンが連続する区間があった。そういうところでは、フーガ250GTはグッと踏ん張り、自然なロールでコーナーを駆け抜けていき、運転している実感がとても強かった。

先代フーガの前には、日産セドリックとグロリアというクルマがあった。それらのクルマにも、やはり「GT」というドライバーズカー指向のモデルが設定されており、男っぽく、走りを追求したクルマだった。フーガ250GTには、その面影が薄らと残っている。

最先端の意匠をまとって、カッコ良くモデルチェンジしたフーガだが、日産のDNAも強く受け継いでいる。

輸入車もライバルの射程範囲に入り得る、無視できないラグジュアリーカーだ。

筆者: 金子 浩久

日産 フーガ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 フーガ の関連記事

日産 フーガの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 フーガ の関連記事をもっと見る

日産 フーガ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22