autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 【燃費】トヨタ プリウス 燃費レポート/永田恵一 4ページ目

燃費レポート 2014/4/17 19:49

【燃費】トヨタ プリウス 燃費レポート/永田恵一(4/5)

【燃費】トヨタ プリウス 燃費レポート/永田恵一

トヨタ プリウス 燃費レポート【市街地編】

トヨタ プリウス 市街地での燃費を測定中/船橋のIKEAにて

ここで、プリウスを含むトヨタの2モーターハイブリッドの動作を簡単におさらいしておこう。

(1)バッテリー残量やアクセルの踏み方によるが、おおよそ20km/hくらいまでモーターのみで加速(状況によっては40km/hくらいまでモーターのみで加速できることも)

(2)20km/hくらいからエンジンが加わり、状況に応じてエンジンが起こした力を駆動用と発電用に配分。バッテリー残量が多ければEV走行(テスト中は70km/hまで確認できた)全開加速時などにはエンジンとモーターの力をフルに使う。

(3)減速時には回生制動でバッテリーに電力を貯める

といったところだ。

トヨタ プリウス[特別仕様車 S“マイコーデ”] 燃費レポート/走行モード

さらにEV走行モード(バッテリー残量などの状況にもよるが60km/hまでEV走行が可能)や、Dレンジに入れてブレーキを踏みながらアクセルを踏むことで充電を行う強制充電モードも備える。

プリウスで市街地を走行していて気付いたのは、やはり日本の渋滞路ではトヨタの2モーターハイブリッドはEV走行領域の広さやトランスミッションを持たないことによるスムースさが非常に楽なことである。

時折、EV走行からエンジンが加わる際に僅かなショックのようなものを感じるのが改善されればということくらいだ。

また、燃費結果に影響の出ないテスト前後に「ECOモード」「POWERモード」も試してみた。

プリウスはアクセルを全開にした際に「フルパワー」となるので、アクセルを全開にした際の速さはどのモードでも同様だ。違いが出るのは、過渡領域(アクセル全開までの途中)で、「ECOモード」では初め少しだけ重さを感じるが、元々の動力性能が高いこともあり「これで十分」といった印象を受ける。

そして「POWERモード」はアクセル操作に対するレスポンスが向上し、結果的に体感的な速さも増す。普通に乗るならば、エアコンを緩めにすることなどでも燃費を改善する「ECOモード」で、気分や状況に応じて一時的に「POWERモード」を使えば良いだろう。

トヨタ プリウス[特別仕様車 S“マイコーデ”] 燃費レポート/カーナビ

エアコンといえば、テスト日は気温以上に車内は暑くエアコンの出番となることも多かったが、トヨタのハイブリッドカーのエアコンは駆動用バッテリーの電力で作動する電動タイプとなっており、エアコンを緩く使う程度の気候だとほとんどエアコンによる燃費低下がないことも有難い。

もちろん、真夏の酷暑にでもなれば流石にエアコンによる燃費低下は防げないが、それでもプリウスのキャビンの広さやバッテリー容量ならば燃費低下は少なく済むはずだ。

今回のプリウス燃費テストで最も気になったことは意外にも、インテリアのどこかが音源だと思うが「ギシギシ」「カタカタ」といった異音であった。

トヨタ プリウス 市街地における実燃費は「25.1km/L」

この音はテスト車固有のものである可能性もあり、元々プリウスはハイブリッドカーであるため静かなせいで余計気になってしまうということがあるものの、マイナーチェンジ後のメーカー広報車(要するに見本)でこういったことがあったのは残念であった。

市街地での燃費も、アクアの「25.0km/L」を僅かに上回る「25.1km/L」を記録し、ここでもプリウスの実力を大いに実感する結果となった。

トヨタ プリウス 市街地の実燃費/25.1km/L

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21