autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート マツダ CX-5 スカイアクティブ-D(クリーンディーゼル) 燃費レポート 2ページ目

燃費レポート 2013/6/25 17:09

マツダ CX-5 スカイアクティブ-D(クリーンディーゼル) 燃費レポート(2/4)

マツダ CX-5 スカイアクティブ-D(クリーンディーゼル) 燃費レポート

マツダ CX-5 スカイアクティブ-D(クリーンディーゼル) 燃費レポート【高速道路編】

マツダ CX-5 「海ほたる」にて

CX-5に乗ってまず驚くのがディーゼルエンジンの完成度だろう。特に印象的なのは、ディーゼル離れしたエンジンフィールだ。

ディーゼルエンジンというとアイドリングのちょっと上の回転数から図太いトルクが発生するというイメージがあるかも知れないが、CX-5のディーゼルエンジンはガソリンエンジンに近いフィーリングとなっており、力強さを感じるのは2000回転以上から。

2000回転以上からの加速はテスト車で1510kgというボディをグイグイと引っ張るもので、この加速力や余裕を得るためだけでも高価なディーゼルを選ぶ意味はある。

フィーリングと言えば高回転域の回り方もディーゼル離れしており、別の機会にマニュアルモードでレッドゾーンまで引っ張ったところ、6000回転まで表示されるタコメーターを振り切りそうな勢いで吹き上がるほどだ。

ディーゼルエンジンで気になる騒音や振動も申し分ないレベルまで抑えられている。アイドリング中の車外騒音はディーゼルエンジンと分かるレベルではあるが、許容できる範囲。走行中の車内騒音に関しては鈍感な人ならディーゼルエンジンと気付かないかもしれないほどだ。

マツダ CX-5 インパネ

ディーゼルエンジンで気になる騒音や振動も申し分ないレベルまで抑えられている。アイドリング中の車外騒音はディーゼルエンジンと分かるレベルではあるが、許容できる範囲。走行中の車内騒音に関しては鈍感な人ならディーゼルエンジンと気付かないかもしれないほどだ。

また、騒音に関しては熟成が進んだせいなのか、一部改良前に比べると気持ち静かになったようにも感じられた。音質もディーゼルエンジン独特のハミングというかリズムが意外に心地よく、長距離ドライブでは適度なBGMになってくれるかも知れない。

トップギア(6速)での100km/hの回転数は1750回転と、低く抑えられている。ただ、1つ覚えておきたいこととして、6速に入るスピードがガソリン車と異なるということである。ガソリン車の6速ATなら70km/hくらいまで上がれば6速に入るものだが、CX-5の場合6速に入るのは80km/hからとなる。

マツダ CX-5の高速道路燃費は22.1km/L

これはリッターあたりの出力が80馬力を超える高出力ディーゼル車の場合、大きなターボチャージャーを使う必要があるため、ある程度回転数が上がらないとパワーが出ず、ATだと気持ち低めのギアを選んでおく必要があるために起きる現象だ。このことを踏まえCX-5で高速道路を走る場合には、80km/hを少し超えるスピードをキープするとベストに近い燃費が出せるだろう。

この区間の燃費は「22.1km/L」を記録。クルマのサイズや車重、ジャンルを考えれば、文句のない燃費だ。

マツダ CX-5 高速道路の実燃費/22.1km/L

マツダ CX-5 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ CX-5 の関連記事

マツダ CX-5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-5 の関連記事をもっと見る

マツダ CX-5 の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21