autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 三菱 RVR 試乗レポート/岡本幸一郎 3ページ目

試乗レポート 2010/3/2 11:44

三菱 RVR 試乗レポート/岡本幸一郎(3/4)

関連: 三菱 RVR Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
三菱 RVR 試乗レポート/岡本幸一郎

1.8リッターエンジンは想像以上にパワフル

パワートレインは、最新のギャランフォルティスと同じ。10.5という比較的高い圧縮比を持つエンジンは、レスポンスもよく、幅広い回転域でフラットにトルクを発生する。

1.8リッターという排気量から想像するよりもパワフルだ。

その出力を効率よく引き出すCVTは、通常は燃費重視の制御をしながらも、燃費一辺倒ではなく、強く加速したいときにはそのとおりのギア比を瞬時に的確に導くところも好印象。アクセルの踏み加減で、モード選択をせずとも、ベースの状態でマルチに使える設定とされている。

三菱 RVR メーター
三菱 RVR パドルシフト三菱 RVR ドライブモードセレクター

細かく見ると、同エンジンはバランサーシャフトを持たないためか、2000rpmを少し超えたあたりで振動がピークを迎え、5000rpmを超えるとフロア全体にやや大きな振動が伝わるのだが、あまり使わない領域なので、実用面ではそれほど問題はないだろう。アウトランダーゆずりのマグネシム製パドルを操作すれば、瞬時のシフトチェンジを楽しめる。

変速ショックをなくすよりも、変速スピードを優先した設定で、これも他社では逆の手法を採るケースが多いのだが、筆者は圧倒的にこちらが好み。多少ショックはあっても、素早くシフトチェンジできてこそ、パドルの存在する意味があるというものだ。

RVRのパドルは積極的に操りたくなる味がある。2WDと4WDの違いは、やはり70kg軽い2WDのほうが全体的に軽快で、加速性能においても若干上回る。一方、4WDのほうがフラット感のある落ち着いた乗り心地となり、どちらにもそれぞれのよさがある。

ちなみに、開発陣に訊いても2WDと4WDのどちらがメインということもないらしく、実際、現状の受注における比率はほぼ半々となっているらしい。ここはユーザーが好みで選んでいいだろう。

ただし、擬似デフロックまで備えた電子制御4WDシステムはなかなか本格的で、オフロード走破性にもかなり期待できる。降雪地のユーザーには、やはり4WDをオススメしたい。

三菱 RVR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 RVR の関連記事

三菱 RVRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 RVR の関連記事をもっと見る

三菱 RVR の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21