autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ S500プラグインハイブリッド(PHV)海外試乗レポート/大谷達也 2ページ目

試乗レポート 2014/9/22 18:32

メルセデス・ベンツ S500プラグインハイブリッド(PHV)海外試乗レポート/大谷達也(2/2)

関連: メルセデス・ベンツ Sクラス Text: 大谷 達也 Photo: メルセデス・ベンツ日本
メルセデス・ベンツ S500プラグインハイブリッド(PHV)海外試乗レポート/大谷達也

現行S400ハイブリッドからダウンサイジング化

メルセデス・ベンツ S500プラグインハイブリッドメルセデス・ベンツ S500プラグインハイブリッド

本当に前置きが長くてすいません。本題に入りましょう。

S500PIHのベースは2013年デビューのW222型。というわけで、クルマの内外装はいま街を走っている最新のSクラスとほとんど変わらない。

エンジンはV6 3.0リッターツインターボを搭載。現在発売中のS400ハイブリッドは同じV6でも3.5リッター自然吸気なので、S500PIHになってダウンサイジング化、つまり高効率化されたと言っていい。しかも最高出力は306psから333psへ、最大トルクは370Nmから480Nmへとパワーアップしているので、より力強い走りが楽しめそうだ。

もっとも、S400ハイブリッドとの最大の違いはハイブリッドシステムがパワーアップしたこと。S400ハイブリッドで20kw/250Nmだったモーターの出力とトルクはS500PIHでは85kw/340Nmまで上昇。もう、これだけでコンパクトカーのエンジンと変わらないくらいパワフルに生まれ変わっている。そしてバッテリー容量は0.9kwhから8.7kwhへとボリュームアップ。前述のとおり33kmの“EV走行”を可能としている。

確実に改善された燃費

メルセデス・ベンツ S500プラグインハイブリッドメルセデス・ベンツ S500プラグインハイブリッド

PHVになったからといって、使い方に特別なところはほとんどない。S500PIHのハイブリッドシステムには4段階のモード切替があるけれど、これもHYBRIDモードを選んでおけば、不自由することはまずないだろう。

充電用のコネクターはリアバンパー内に収納されている。試乗車には、ヨーロッパの家庭で使われているコンセントにそのまま接続できる充電ケーブルが用意されていたので、日本でも同様の対応が図られると期待したい。充電時間は400V/16Aで2時間、230V/13Aの家庭用電源で2時間45分と発表されている。

では、実際に走らせての印象はどうだったのか? 実は、カタログ上の0-100km/h加速はS400ハイブリッドの6.8秒から5.2秒へと劇的に速くなっているのだけれど、ドイツでも比較的おとなしい走りに終始したせいか、そこまではっきりしたパフォーマンスの差は体感できなかった。

メルセデス・ベンツ S500プラグインハイブリッド

ただし、燃費はバッテリー残量が多い状態で30km/Lオーバー、ほぼ電力を使い切ってしまった状態でも16km/Lを記録していた。S400ハイブリッドで比較的流れがいい首都高速を走らせた際の燃費は12km/Lほどだったので、S500PIH は“裸の状態”の燃費も確実に改善されたといってよさそうだ。

S500PIHは年内にも国内導入される見通し。その際、モデル名はヨーロッパで縁起がいいとされるS500から本来のシステムパワーに見合った数字であるS550へと見直しが図られる予定だという。

筆者: 大谷 達也

メルセデス・ベンツ Sクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Sクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Sクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Sクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Sクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    682万円1,014万円