autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツE300 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2009/8/18 11:00

メルセデス・ベンツE300 試乗レポート(2/2)

メルセデス・ベンツE300 試乗レポート

ベストなタイヤチョイスで心地よい乗り心地、安全性の積極的な姿勢も評価できる

E300 3L V型6気筒DOHCエンジン

E300のエンジンは、V型6気筒DOHC 3.0L、170kW(231ps)/6,000回転、トルクは300N・m(30.6kgm)/2,500~5,000回転。

E350の「V6 3.5L」と比較すると、30kW(41ps)、50N・m(5.1kgm)少ない数値になる。

車両重量は、E300もE350も1,710kgなので、7速ATでの0-100/h加速は、E350が7秒台なのに対し、E300は8秒台。ちなみにV8 5.5LのE550は5秒台だ。0-100km/h加速8秒台は3Lクラスのセダンとしては、とくに速くもなく、標準的な性能といってよいだろう。

E300 タイヤ&アルミホイール

E300に乗って、走り出したときに最初に感じたのは乗り心地のよさだ。というのも、E300はE350/E550と異なり、225/55R16サイズのタイヤを装着している。これが、このクルマとジャストフィット。低速域での路面からのザラつきもなく、荒れた路面でのゴツゴツした感じもない。スピードを高めていっても、車体の上下動での動きはキツくない。

これは、245/45R17のE350や、フロント245/40R18・リア265/35R18を装着するE550では味わえない。ちなみに、タイヤの銘柄はピレリのチンチュラートP7がもっとも相性がよい。

E300 走行イメージ

車線を逸脱した場合、ハンドルが振動しドライバーに注意を促すレーンキーピングアシスト(7万5,000円)が試乗車には装備されていたが、標準装備である「アテンション アシスト」や、「アダプティブ ハイビーム アシスト」などの装備のみでも、十分に安全運転をサポートしてくれる。

このような、安全性に対する積極的な姿勢もメルセデス・ベンツの特徴だ。

さらに、もうひとつトピックスがある。それは、Eクラスはこれだけでシリーズが完成したわけではない。直4 1.8Lターボエンジン(これがとてもよい出来なのだ!)を搭載したE200やE250も、日本上陸を予定している。

このクルマたちも、エコで安全で楽しいドライビングを実現しているのだ。

メルセデス・ベンツ Eクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Eクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/19~2017/9/19

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    682万円1,014万円