autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 マツダ 新型アクセラスポーツ vs フォルクスワーゲン ゴルフ どっちが買い!?徹底比較 2ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2013/11/29 17:05

マツダ 新型アクセラスポーツ vs フォルクスワーゲン ゴルフ どっちが買い!?徹底比較(2/3)

関連: マツダ アクセラスポーツ , フォルクスワーゲン ゴルフ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: マツダ株式会社/和田清志/オートックワン編集部
マツダ 新型アクセラスポーツ vs フォルクスワーゲン ゴルフ どっちが買い!?徹底比較

【新型アクセラスポーツ vs ゴルフ インテリア対決】

マツダ 新型アクセラスポーツフォルクスワーゲン ゴルフマツダ 新型アクセラスポーツフォルクスワーゲン ゴルフ

インパネの形状は、両車とも水平基調で機能的。質感はフォルクスワーゲン ゴルフが勝るが、マツダ アクセラスポーツもXDには大きなタコメーターが配置され、速度は右下とインパネの上部に装着された透明のアクティブドライビングディスプレイに表示する。機能の違いまで含めると差は生じにくい。

フロントシート周辺の広さは同程度だが、アクセラスポーツは囲まれ感を少し強調している。スポーティーな持ち味の表現だろう。座り心地は、アクセラが腰を包み込む形状でサポート性が良い。ゴルフは長年にわたる伝統で腰の支え方が巧みだが、ハイラインに装着されるファブリック&アルカンターラのシートは、トレンド/コンフォートラインのフルファブリックに比べて生地の伸縮性が少し不足する。ベーシックなグレードの方が柔軟で馴染みやすい。

マツダ 新型アクセラスポーツマツダ 新型アクセラスポーツマツダ 新型アクセラスポーツマツダ 新型アクセラスポーツマツダ 新型アクセラスポーツ
フォルクスワーゲン ゴルフフォルクスワーゲン ゴルフフォルクスワーゲン ゴルフフォルクスワーゲン ゴルフフォルクスワーゲン ゴルフ
マツダ 新型アクセラスポーツフォルクスワーゲン ゴルフ

次はリアシート。まずは広さだが、身長170cmの大人4名が乗車して、リアシートに座る同乗者の膝先空間は、アクセラスポーツ、ゴルフとも握りコブシ1つ半だ。最近のクルマは空間効率が高まり、コンパクトカーや軽自動車でも握りコブシ2~3つ分は確保する。両車とも少し狭めで、特にアクセラスポーツはサイドウインドーの上下寸法も乏しいために閉鎖感が伴う。

それでも両車ともリアシートに座る同乗者の足がフロントシートの下に収まりやすく、視覚的には狭く感じても、4名乗車の可能な居住空間は確保している。

頭上の空間はかなり違う。アクセラスポーツは握りコブシの半分程度だが、ゴルフは1つ少々が収まる。その代わりゴルフは腰の落ち込む座り方だ。ゴルフは長身の同乗者が座ることも考えて、頭上に余裕を持たせた。その分だけ着座位置は低い。

座面の柔軟性も異なり、アクセラスポーツに比べてゴルフは硬い。リアシートの硬さはドイツ車全般に見られる傾向で、着座姿勢が安定する半面、同乗者によっては拘束感を抱く。初めてドイツ車を買うユーザーは、座り心地を確認すると良い。

【新型アクセラスポーツ vs ゴルフ 動力性能・燃費対決】

マツダ 新型アクセラスポーツ

動力性能はアクセラスポーツの圧勝だ。XDが搭載する2.2リッターのクリーンディーゼルターボは、最高出力が175馬力(4500回転)、最大トルクは42.8kg-m(2000回転)。ゴルフハイラインの1.4リッターターボは140馬力(4500~6000回転)/25.5kg-m(1500~3500回転)。アクセラスポーツの最大トルクはゴルフの1.7倍に相当するため、動力性能には当然ながら差が付く。特に最大トルクが2000回転で発揮されるため、発進直後から力強い。

ただし、ディーゼルだからガソリンエンジンとは異なる特性を併せ持つ。5000回転付近まで回ってディーゼルでは吹き上がりが良い部類だが、ゴルフの1.4リッターターボのような高回転域の軽快感はない。ディーゼル特有のノイズは小さく抑えたが、ガソリンのゴルフと比べれば、低回転域を中心に相応に耳に届く。加速性能はアクセラスポーツが上まわるものの、優劣の判断はユーザーによって変わるだろう。

マツダ 新型アクセラスポーツフォルクスワーゲン ゴルフ

JC08モード燃費はアクセラスポーツXDが19.6km/L(6速AT)。XDの燃費数値は公表が遅れ、アテンザXDの20km/Lは上まわると予想していたが、意外にも下まわる結果となった。車両重量はアクセラスポーツXDが60kg軽く、ギヤ比は最終減速比まで含めて共通。タイヤサイズはアテンザXDが225/45R19で、アクセラスポーツXDは215/45R18だ。開発者は「アテンザのタイヤは燃費にも配慮した造りだが、アクセラはグリップ指向。空気抵抗でもセダンのアテンザは有利」と言うが、車両重量やタイヤサイズの違いを考えると逆転現象には少々驚く。

とはいえアクセラスポーツのディーゼルは、ノーマルタイプのガソリンエンジンでいえば4000cc並みの動力性能を発揮する。JC08モード燃費が19.6km/Lならば立派だろう。対するゴルフは19.9km/L。これも2.5リッタークラスの動力性能を考えれば効率が高い。

使用する燃料は、アクセラスポーツXDはディーゼルだから軽油。ゴルフは無鉛プレミアムガソリンになる。1リッター当たりの価格は軽油が140円、無鉛プレミアムガソリンは170円前後だ。そこで実用燃費がJC08モード数値の85%として1km走行当たりの単価を計算すると、アクセラスポーツXDは8.4円、ゴルフハイラインは10.1円。1万km当たり1万7000円ほどではあるが、アクセラの燃料代が安くなる。

マツダ アクセラスポーツ 関連ページ

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラスポーツ の関連記事

マツダ アクセラスポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラスポーツ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラスポーツ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24