autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エンタメ 愛車紹介 嵯峨宏紀選手/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」 2ページ目

レーサー愛車紹介 2011/4/7 09:57

嵯峨宏紀選手/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」(2/3)

関連: レクサス IS Text: 今井 優杏 Photo: 今井優杏
嵯峨宏紀選手/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」

豊田市出身の嵯峨選手、歴代の愛車はもちろん全て「トヨタ車」!

―それ以外のお気に入りポイントを教えて下さい。

これはバージョンSというスポーティモデルなんですよ。このカタめのアシが好きですね。トヨタのクルマのアシって、ミニバンもセダンもけっこう似た味付けになってるんですよ。初期はすぐ沈み込むんだけど、戻りが遅い。同じ人が味付けをしているからそんな感じになってるんですけど、このバージョンSはちょっと違うんですよ。

単にカタければいいってわけではないけど、カタめ、と言うくらいが一番フィーリングがいいので、気に入ってますね。

―ハンドリングはいかがですか?

嵯峨宏紀選手と愛車のレクサス IS

フロントにエンジンがあるのを感じさせないくらい、鼻先がクイクイ入るんですよ。ハンドル操作に対してリニアに追いついてくる。切った瞬間に反応してくれるから、挙動の遅れを予測しなくても本能でさらっと運転できるんです。

余計なストレスがなく、脳が疲れないから長距離がラクなんですよ。

―脳レベルで疲れないですか!でも原理はわかる気がします。

やっぱり職業柄移動が多いから、ある程度ラクなほうがいいですね。

―使い勝手はいかがですか?

ISはリアシートがちょっと窮屈なので、家族を持ってる人には薦めませんけど・・・それでも奥さんと赤ちゃんくらいなら充分ですね。

今後の人生設計に合わせてきっと選び方は変わるんでしょうけど、今はISで不満はないですね。ラゲッジも案外広くて、レースの大きな荷物もラクラク入りますから。

―そう、レーシングドライバーの方で、荷物が多いからSUVを選ぶって人が多い気がするんですが、嵯峨選手は大きな荷室は要らない派ですか?

うん、基本的にセダンが好きですね。

―それは見た目の話ですか?

いや、ハッチバックのクルマって、風を巻き込んでフラフラしたりするんですよ。それがどうしても嫌なので、セダンがいいですね。以前乗ってたアルテッツアジータがそんな感じで、とても疲れたんです。

―ちなみに車歴はどんな感じですか?

MR-S、アルテッツアジータ、ISですね。

―全部トヨタ車!さすが。

僕はトヨタ以外のクルマに乗る気がないんですよ(きっぱり)。僕は愛知県豊田市出身だし、自分こそがトヨタ・オブ・トヨタだと自負してるんです。

―おお~~!!

トヨタ以外のクルマに乗るなんて、異教徒だ!くらいの気持ちでいますから。愛知県出身のレーシングドライバーは多くいるんですが、豊田市出身のドライバーっていないんですよ。

子供の頃からトヨタに馴染んで、トヨタ以外のクルマは見ない、みたいな環境で育ってきま