autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート 脇阪寿一選手主催、「交通事故ゼロを目指す」サーキット体験イベントレポート/今井優杏 3ページ目

イベントレポート 2014/8/11 14:30

脇阪寿一選手主催、「交通事故ゼロを目指す」サーキット体験イベントレポート/今井優杏(3/3)

関連: レクサス IS F , トヨタ 86 Text: 今井 優杏 Photo: 三橋仁明 / N-RAK PHOTO AGENCY
脇阪寿一選手主催、「交通事故ゼロを目指す」サーキット体験イベントレポート/今井優杏

なんと!鈴木亜久里氏のドライビングによるサーキット同乗走行体験も!

かたやサーキット本コースでは脇阪選手と鈴木亜久里氏が、参加者を乗せて全開走行。乗り込むのはレクサス IS Fのサーキット専用モデルCCS-Rだ。

正直、個人的に言えば鈴木亜久里氏がレクサスでサーキットを全開走行(しかも運が良ければ隣に乗り込める!)なんて、それだけでプレミアム!

しかし、アタリマエだが彼らはただワーキャーステキ!レーサーってカッコイイ!なんてことをマブいスケ(古)に言わせたいから走っているのではない。

ジムカーナでドラテクを培って運転が上手くなれば、これほどに高い速度域でクルマをコントロール出来るんだよ、ということを実感して欲しいんだそうな。

確かに、プロドライバーの隣にサーキットで乗せてもらったら、本気でその技術には涙が出るほど感激すると思う。私もサーキット走行をたしなまないでもないが、彼らと比べたら赤子とオトナ…いや、引き合いに出すのも恥ずかしい。トップドライバーはもう、次元が違うのだ。

ブレーキの強さ、加速の鋭さ、ステアリングの的確さ。タイヤがグリップを失ったところからの立て直しの俊敏さ、そして全体的なスピード域の高さ!

確かに、これを目の当たりにすれば日本中の人が(脇阪選手や亜久里氏までではなくとも)クルマを高い次元でコントロール出来るなら、事故は確実に減ると納得する。なによりもここまで意のままにクルマをコントロール出来るなんて、きっと楽しいに違いないし!

レーシングドライバーとして、事故によるネガを少しでも解消したい

イベントの最後にお話を伺った。

-どうしてこのようなイベントをしようと思ったのですか?

『われわれレーシングドライバーはクルマがあるおかげで生活していますが、世の中には事故などのためにクルマがあるがゆえに不幸になっている方もおられます。そのネガを少しでも解消したいという気持ちがありました。』

-今後の展開を教えてください

脇阪『もちろん体制が整えば、もっと一般参加者の皆さんをお呼びして、全国で展開していければと考えています。』

-参加費は全額寄付するとおっしゃってましたが

『はい。全額寄付します。なぜならば、モータースポーツのイメージを向上させたいのです。ゆくゆくは地域住民の皆さんをご招待する地域型の安全イベントにしたいですし、もっとプロジェクトが大きくなれば、交通遺児ための学校や遊具を残したいです。まだまだ先の、大きな夢ですが』

-がんばってください!応援します!

『モータースポーツファンが胸を張って、自分はモータースポーツファンだ!と言ってもらえるようになれば嬉しいです。』

今後の展開は未定ながら、そこは脇阪寿一。きっとなにかムーブメントを起こしてくれるハズ!今後の動向に注目したい。

筆者: 今井 優杏

レクサス IS F 関連ページ

トヨタ 86 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス IS F の関連記事

レクサス IS Fの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス IS F の関連記事をもっと見る

レクサス IS F の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    366.2万円460.8万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    428万円582万円