autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム ホンダ 第10世代「シビック ハッチバック」を初公開!スポーティデザインに1リッターVTECターボ搭載

自動車評論家コラム 2016/3/2 14:34

ホンダ 第10世代「シビック ハッチバック」を初公開!スポーティデザインに1リッターVTECターボ搭載

関連: ホンダ Text: 桃田 健史
ホンダ 第10世代「シビック ハッチバック」を初公開!スポーティデザインに1リッターVTECターボ搭載
ホンダ シビック ハッチバックコンセプト

ホンダはスイス・ジュネーブショーで「シビック ハッチバックコンセプト」を世界初公開した。

ボディサイズは現行の欧州仕様と比較すると、全長で130mm増、全幅で30mm増、さらに全高で20mm低くなり、プレゼンテーションではスポーティセダンの王道である「ワイド&ロー」を強調した。

実車を見た第一印象は、「かなり大きい」「セダンライクなハッチバックで、かなりインパクトが強いデザイン」「ホンダの攻めの姿勢が感じられる」「メカニカルな雰囲気を積極的に具現化」といったコメントが頭に浮かんだ。

けっして“レーシー”ではないが、次世代型スポーティカーとしての存在感が強い。なお、インテリアは今回、未公開だった。

エンジンは欧州仕様では3通り。1リッターの直噴VTECターボ、1.5リッター直噴VTECターボの他、ディーゼルエンジンの1.6リッターのi-DTECを用意した。

ホンダ シビック ハッチバックコンセプト

第10世代となったシビックだが、欧州シビックといえば、これまでは旧「フィット」をベースとしたBセグメントのプラットフォームを使用してきた。「タイプR」など、一部の“尖ったモデル”が欧州や日本で人気となったが、グローバル車として見れば、北米のCセグメントのシビックとの共用性が必要とされてきた。

今回登場したハッチバックは、セダン、クーペを含めて第10世代シビックのワールドスタンダードとして開発。欧州での生産拠点は、英国のホンダ・オブ・ザ・UKマニュファクチャリング(HUM)で行なう。

また新型シビックの製造を機に、生産設備を大幅に拡張するため、約335億円を投資するという。

この新型シビック ハッチバックは欧州の他、北米でも発売されるが、現在のところ日本での販売計画はない。

[Text:桃田健史]

筆者: 桃田 健史
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28