autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 2016年のF1は面白い展開になる?合同テストとホンダ人事から見る今年のF1界 3ページ目

自動車評論家コラム 2016/3/3 18:10

2016年のF1は面白い展開になる?合同テストとホンダ人事から見る今年のF1界(3/3)

関連: ホンダ Text: 山口 正己
2016年のF1は面白い展開になる?合同テストとホンダ人事から見る今年のF1界

“レーシングだった時代”へホンダが向かい始めた

ホンダ八郷社長F1 2016 バルセロナテスト(ジェンソン・バトン)

川本信彦 四代目社長は、1964年~1968年のホンダF1第一期にメカニックとして現場を体験した。“現場”とひと言でいっても、まだ4輪車生産を始めたばかりのホンダが挑戦したF1という世界は、まるで宇宙のような場所だったと思う。

現場を体験した川本社長は、再びチャレンジした第二期のホンダF1で、ホンダを4輪の世界に認識させることになるCVCCエンジンの立役者として活躍した人物、桜井淑敏氏、さらにはその後を受け継いだ後藤治氏を抜擢するなど、采配によって黄金期を創った。

今回の松本-長谷川ラインを耳にした瞬間、それが脳裏に浮かんだのである。

もちろん、F1という世界はどんな人事が実行されようが、結果が出るまでは、どんなに早くても1年間は待つ必要がある。

しかし、今回の人事は時間こそ必要だが、その方向にホンダが向かったことを感じさせるものだった。その方向とは、ホンダが“レーシングだった時代”である。

さて、次回はまもなく始まるF1シーズンの前に、ホンダの“F1史”を振り返っておきたいと思う。

[Text:山口正己]

筆者: 山口 正己
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円