autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ S660「デザインも走りも賞賛したい2シーターオープン軽自動車」 ~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

試乗レポート 2015/5/22 12:05

ホンダ S660「デザインも走りも賞賛したい2シーターオープン軽自動車」 ~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

関連: ホンダ S660 Text:
ホンダ S660「デザインも走りも賞賛したい2シーターオープン軽自動車」 ~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

デザインも走りも賞賛したい2シーターオープン軽自動車

軽自動車かくあるべしという観点から、経済性という軽自動車の本質を極めたアルトを誉めちぎった舌の根も乾かぬうちに、ミッドシップ2シーターオープンという典型的道楽軽自動車を賛美するのには抵抗がある。

800ccとか1,000ccにして白ナンバーを付けてくれたらもっと純粋な気持ちで歓迎できたのに。いまもそんな気持ちが心の片隅に残っている。

けれど、人間とはつくづく感情の生き物だなぁと。

S660の突き抜けたカッコよさと爽快な運転感覚を味わったいま、僕の気持ちは否定から肯定へと傾きつつある。それほどまでにS660の魅力は強烈だ。

ホンダ S660
ホンダ S660ホンダ S660

ミッドシップでなければ絶対にできないシェイプ、ちょっぴり大人びた面構え、スピード感満点のサイドビューなど、フォルムもディテールも出色の出来映え。お尻もカッコいい。

最近のホンダデザインはちょっとなぁ…とお嘆きの方にも、S660はズバッと刺さるのではないだろうか。

走らせるとこれがまた楽しい。エンジンは気持ちのいい音を聴かせてくれるし、シフトは手首の返しだけでカチカチと気持ちよく決まる。

過度のヒラヒラ感を抑え込み、適度なロールとともに路面にヘバりつくような接地感を出しつつ、全体的にはノーズがグイグイ入るフットワークもいい出来だ。フロントの接地感が不足気味だったビートと比べると、かなり安心してワインディングロードを走れる。

唯一不満を感じたのはエンジン。6,000rpmぐらいまではいい感じで伸びていくのだが、そこから先のトルクをあえて削っているため、 レブリミットの7,700rpmまで回す意味が感じられない。64ps自主規制の影響を感じる部分だ。

198~218万円という価格は内容を考えれば納得だが、トランクスペースがないためカップルでお泊まりに行くのは無理。いわば雨に濡れない4輪バイク。

そういう意味ではとても贅沢なクルマである。

ホンダ S660

1996年に生産を終了した名車「ビート」以来、19年ぶりとなる軽スポーツカーの復活という話題とともに、開発責任者が" 高卒26 歳"ということでも注目を集めた。

ルーフは車外からしか開閉できず、トランクもない。" 走る”ことに徹したその割り切りがこのクルマの真骨頂といえるだろう。試乗した誰もに「理屈抜きに楽しい」といわしめる。軽自動車枠であるゆえ、2台持ちも不可能ではないかも知れない。

ホンダ S660 α/6MT主要諸元

車両本体価格:¥2,180,000(消費税込) / 全長× 全幅× 全高(mm):3,395×1,475×1,180 / 車両重量:830kg / エンジン:水冷直列3 気筒横置 / 総排気量:658cc / 定員:2 名 / 最高出力:47kW(64ps)/6,000rpm / 最大トルク:104Nm(10.6kgm)/2,600rpm / 駆動方式:MR / JC08 モード燃費:21.2km/L

ホンダ S660 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ S660 の関連記事

ホンダ S660の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ S660 の関連記事をもっと見る

ホンダ S660 の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円