autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート [速攻試乗]「異次元の旋回力」スズカでホンダ 新型「NSX」に乗ってきた! 3ページ目

試乗レポート 2016/8/31 10:35

[速攻試乗]「異次元の旋回力」スズカでホンダ 新型「NSX」に乗ってきた!(3/5)

関連: ホンダ NSX Text: 五味 康隆 Photo: 茂呂幸正・Honda
[速攻試乗]「異次元の旋回力」スズカでホンダ 新型「NSX」に乗ってきた!

4つのモードを持つ”Integreated Dynamics System”

[試乗]ホンダ 新型「NSX」[日本仕様] 鈴鹿サーキット 速攻インプレッション/五味康隆[試乗]ホンダ 新型「NSX」[日本仕様] 鈴鹿サーキット 速攻インプレッション/五味康隆

走行モード”Integreated Dynamics System”は「Quiet」(クワイエット)/「Sport」(スポーツ)/「Sport +」(スポーツプラス)/「Track」(トラック)の4つ。

まず基準モードに相当するのがスポーツモード。クワイエットは、そのスポーツに対して動力系の味付けが静かさ優先モードになり、スーパースポーツモデルなのに穏やかで優しい世界を提供してくれる。通常エンジンスタートさせると、演出的にブオンッと4000回転前後までエンジンを空吹かしさせて始動するが、クワイエットを選ぶと1000回転前後で静かに掛かる。

ちなみにクワイエットならいっそ、エンジン始動させずEV状態でスタートさせれば・・・と思うだろうが、高い環境性能を求めて触媒を活性化させておくべく、クワイエットでも必ずエンジンは最初だけ掛かる。

エコドライブのため、そして何より走りの質・気持ち良さのためにモーターを使う

[試乗]ホンダ 新型「NSX」[日本仕様] 鈴鹿サーキット 速攻インプレッション/五味康隆

EVドライブで静かに走り出せる。これがまずはNSXの一つの特徴。

とは言っても、バッテリーは1kWh程度なので、グイグイとモーターだけで走れるものでは無い。実際の交通の流れで言えば、トラックが加速するような0.2G以内の加速ならエンジンが掛からずに・・・とされているが、パームスプリングスで試した限り、意識せずに走ると時速20キロ程度で容易にエンジンは掛かる。それを踏まえると、このスポーツハイブリッドは燃費を悪化させる停止時からの走り出しのサポートと、走りの気持ち良さや質を高める為にモーターを使おうとしていることが分かる。

>>[画像100枚超]Honda NEW「NSX」サーキット試乗 フォトギャラリー

「SPORT」モードではドライバーの心を刺激する気持ち良いサウンドが室内に響き渡る

[試乗]ホンダ 新型「NSX」[日本仕様] 鈴鹿サーキット 速攻インプレッション/五味康隆

ちなみにスポーツモードでもこのEVスタート走行は可能。走行上でのクワイエットとの一番の違いは、シフトスケジュールを含めた動力系の味付け。4000回転を境に、触媒からマフラーに排気が直接流れるバルブが開くのだが、クワイエットモードでは極力4000回転以上を使わないので、その音は消音器を通って聞こえてくる穏やかなもの。

逆にスポーツモードだとアクセルのレスポンスも良くなるうえに、踏み込み量に応じて高い回転数を使うようになり、4000回転以上での刺激的な音をアクセルの踏み込みだけで積極的に楽しめる。マフラー直結と聞くと爆音をイメージされそうなので補足しておくが、バルブが開いて直結経路で流れる排気は一部だけ。室内スピーカーから吸排気音の刺激を助長する音を出す仕組みも相まって、室内だと超刺激的というわけだ。

ホンダ NSX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ NSX の関連記事

ホンダ NSXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ NSX の関連記事をもっと見る

ホンダ NSX の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円