autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ フィットシャトル・フィットシャトルハイブリッド 試乗レポート/清水草一 3ページ目

試乗レポート 2011/7/5 17:14

ホンダ フィットシャトル・フィットシャトルハイブリッド 試乗レポート/清水草一(3/4)

関連: ホンダ フィットシャトル , ホンダ フィットシャトルハイブリッド Text: 清水 草一 Photo: 茂呂幸正/オートックワン編集部
ホンダ フィットシャトル・フィットシャトルハイブリッド 試乗レポート/清水草一

ベースのフィットよりも車重はあるが、その走りは軽快で乗り心地も向上

フィットシャトル
フィットシャトルフィットシャトル

では、デザインはどうか。

顔はほぼフィットと同じだが、すこし横に回り込むとまったく違った印象を受ける。

ホイールベースは1mmも拡大されていないのに、フィットのような小兵なイメージはなく、車格が2つくらい上がった印象だ。

リア周りのデザインは、キラキラしたリアコンビネーションランプなど、プリウスαと非常に印象が近い。要は十分なプレミアム感があるということだ。

ハイブリッド、1.5ガソリンの両モデルとも、ベースのフィットと比べると、車重は40~70kg重くなっている。しかし、走りは十分軽快でキビキビしている。加えて、静粛性や乗り心地もアップしている。

ハイブリッドモデルは、特に静粛性を上げてプレミアム感を狙っている。

フィットシャトルフィットシャトル

フィットより“質感を高める”ことを重視しており、遮音材や吸音材によるノイズ対策が施され、街中では静粛性も高いレベルでキープされていた。アクセルを全開にしても、ビンボーな唸り音はかなり低い。

このあたり、プリウスαとまるで同じ方向性だ。

乗り心地も悪くないが、ちょっと大きめの段差を乗り越えると、「ガツン」という衝撃が来るのは気になった。

一方ガソリンモデルは、遮音材が少ない分、静粛性ではハイブリッドに一歩譲るものの、乗り心地は上。

どうも、サスペンションのセッティングが車重の軽いガソリンモデルにジャストフィットしているようで、全体に、よりしなやかで高級な乗り味なのは皮肉だ。

今回ホンダは、ミシュランと共同開発の専用エコタイヤを履かせるほど、ハイブリッドモデルの燃費に力を入れているのだが、タイヤの違いの方が、影響が大きいのかもしれない。

どーせなら、売れ筋のハイブリッドモデルの乗り心地を上にして欲しかったところだが、燃費と乗り心地を両立させるのは、なかなか難しいものなのだ。

ホンダ フィットシャトル 関連ページ

ホンダ フィットシャトルハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フィットシャトル の関連記事

ホンダ フィットシャトルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フィットシャトル の関連記事をもっと見る

ホンダ フィットシャトル の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円