ホンダ 新型シャトルが発表 ~大きなラゲッジスペースには工夫がいっぱい~

  • 筆者:
ホンダ 新型シャトルが発表 ~大きなラゲッジスペースには工夫がいっぱい~
ホンダ 新型シャトル(ハイブリッドZ) ホンダ 新型シャトル(ハイブリッドZ) ホンダ 新型シャトル(ハイブリッドZ) ホンダ 新型シャトル(ハイブリッドZ) ホンダ 新型シャトル(ハイブリッドZ) ホンダ 新型シャトル(ハイブリッドZ) ホンダ 新型シャトル(ハイブリッドZ) ホンダ 新型シャトル(ハイブリッドX) ホンダ 新型シャトル(ハイブリッドX) ホンダ 新型シャトル(ハイブリッドX) ホンダ 新型シャトル(ハイブリッドX) 画像ギャラリーはこちら

「フィットシャトル」から生まれ変わった新型「シャトル」

ホンダから、コンパクトステーションワゴンの「フィットシャトル」の後継モデルとなる「シャトル」が発表された。

搭載されるのは1.5リッターハイブリッドモデルと、1.5リッターガソリンモデルの2タイプ。

価格はハイブリッド車が199万円(消費税込)から、ガソリン車が196万円(消費税込)からとなる。

もともと「シャトル」という車名は「シビックシャトル」「フィットシャトル」などの”派生車種のステーションワゴン”で採用されてきた経緯がある。

ホンダ 新型シャトル
ホンダ 新型シャトル(ハイブリッドZ)

新型「シャトル」は、ステーションワゴンとしての走り・内外装の質感をより一層向上させており、コンパクトカーの「フィット」との価値観の違いを明確にするため、「フィット」の名を取り「シャトル」に生まれ変わった。

ハイブリッド車には3グレード、ガソリン車は1グレードの設定があり、それぞれ2WDと4WDをラインナップする。

なお、5ナンバーのステーションワゴンでハイブリッド車の4WD設定は初めてとなる。

燃費はハイブリッド車が34.0km/L、ガソリン車は21.8km/L(いずれもJC08モード)を達成。燃費性能においてもクラストップレベルを誇っている。

事前受注の状況では、ハイブリッドとガソリンの割合は9対1くらいになる見込みとのこと。ユーザーのハイブリッド志向がうかがえる結果となりそうだ。

ホンダ 新型シャトル(ハイブリッドZ)ホンダ 新型シャトル(ハイブリッドZ)ホンダ 新型シャトル(ハイブリッドZ)ホンダ 新型シャトル(ハイブリッドZ)ホンダ 新型シャトル(ハイブリッドX)

3ナンバークラスを上回る広さのラゲッジスペースはクラス最大級

ホンダ 新型シャトル
ホンダ 新型シャトル(ハイブリッドZ)

新型「シャトル」の最大の特長は広々としたラゲッジスペースだ。荷室容量570Lはクラス最大級。先代モデルの「フィットシャトル」に比べて53Lプラスとなり、後席を倒さなくても9.5インチのゴルフバックが4つ詰める大容量のラゲッジスペースが実現した。

なお、後席を倒した2人乗車の場合、荷室長は最大184cm、荷室容量は最大1,141Lまで拡大され、5ナンバー車でありながら3ナンバークラスを上回る広さを備えている。

燃料タンクをフロントシートの下に収めるホンダ独自の「センタータンクレイアウト」により、床が低く抑えられ、さらにラゲッジの開口部も広いので、荷物の積み下ろしが楽に行える。ラゲッジスペースの下には汚れても拭き取ることができる樹脂製の「荷室アンダーボックス」が備えられ、ベビーカーや車イスなども汚れを気にすることなく積むことができる。

また、リアシートの背面には「マルチユースバスケット」が装備されている。カーディガンや帽子などの小物を載せることを想定した「マルチユースバスケット」は、折り紙にヒントを得て開発されたとのこと。

折り畳み式なので使わない時は格納でき、ラゲッジスペースに荷物を載せた時でも邪魔にならないようになっているのは、他にはない発想で面白い。しかも実際に触ってみると、引き出したり折り畳んだりするのに、非力な女性でもカンタンに行えるのが好印象だった。

ホンダ 新型シャトル(ハイブリッドZ)ホンダ 新型シャトルホンダ 新型シャトル(ハイブリッドX)ホンダ 新型シャトル(ハイブリッドX)ホンダ 新型シャトル(ハイブリッドX)

日本市場ではハイブリッド車を重視

ホンダ 新型シャトル
ホンダ シビックシャトル

本田技研工業株式会社 専務執行役員の峯川氏は、

「ホンダは国内需要の中心であるコンパクトクラスにおいて、2013年9月発売の「フィット」を皮切りに、「ヴェゼル」「グレイス」と新たなハイブリッドシステムによる走りと環境性能を両立するモデルを提案してきた。デザイン、空間、乗り心地、走り、燃費というクルマの基本要素を熟成し、それぞれの価値を確かなものとすることにこだわった。上質で豊かな移動空間を自信を持って提案する。」と述べた。

報道陣からは「ホンダとしてディーゼルエンジンについてどのように考えているか?」という質問が出た際に峯川氏は、「ホンダは日本市場ではハイブリッド車を重視しており、今回のようにハイブリッド車とガソリン車の組み合わせで対応していきたいと考えている。」と答えた。

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

筆者
なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 南熱海網代山温泉竹林庵みずの

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ フィットシャトルの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フィットシャトルのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フィットシャトルの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フィットシャトルの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フィットシャトルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる