autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 無限CR-Z 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2010/6/16 18:36

無限CR-Z 試乗レポート(3/3)

関連: ホンダ CR-Z Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
無限CR-Z 試乗レポート

手に取るように伝わってくるステアリングフィール

無限 CR-Zを試乗する岡本氏

今回、ウェット路面でも試すことができたのだが、スライドしはじめてからのコントロール性も高く、接地性の高さをうかがわせた。そして、おかげでステアリングフィールも格段に向上している。

ノーマルの電動パワステも評判は悪くないが、実はあれは操舵力を重めにすることで、しっかり感を上手く「演出」しているというのが率直な印象だ。

また、中立付近にはアソビとフリクションがあるし、旋回時間が長めのコーナリング中には舵角が一定しないなど、弱点もなくはなかった。

それに対し無限CR-Zでは、ステアリングフィールに影響する内輪側の接地圧が巧みにコントロールされていて、タイヤの状況がステアリングを通じて手に取るように伝わってくる。

無限 CR-Z 走行イメージ
無限 CR-Z 走行イメージ無限 CR-Z

センターの据わりもよく、旋回中の舵角もピタッと決まり、実に気持ちよくラインをトレースしていける。この感覚はノーマルにはないものだ。

ブレーキについての交換パーツは、ディスクローター、ブレーキライン、ブレーキフルード、スポーツパッドなど。CR-Zの場合、回生ブレーキがからむのでチューニングが難しいはずのところだが、あまり違和感なく上手くまとめられていることに感心させられた。

ノーマルも初期の食いつきはいいが、ペダルタッチの剛性感に乏しく、奥でのコントロール性がイマイチ。それが、ブレーキラインの剛性が上がっているので、ダイレクト感があり、「よく利く」という印象に仕上がっている。

現状で、ワインディングを攻める程度の走りには対応しているが、CR-Zの場合フロントの温度が相当に上がりやすいとのこと。本格的スポーツ走行に対しては、もし要望があれば、さらにブレーキ自体の容量を上げたり、コンペティション仕様のブレーキパッドを設定することも検討したいと開発陣は述べていた。

ご参考まで、ラップタイムが1分ほどのサーキットで、ノーマル比で3秒以上タイム短縮をはたしていて、ウェットとなるともっと大きな差がつくとのこと。この事実が意味することに、もはや説明の必要もないだろう。

CR-Zは、往年のCR-Xのオマージュを期待して、ハイブリッドだから興味を持って、単純にコンパクトスポーツとして・・・と、非常に幅広い層の人が何かを期待して買うクルマだろう。

そしてCR-Zを手に入れた人は、それなりにクルマにこだわりのある人に違いない。その中で、多少のプラスアルファを払っても、もっと走りをよくしたい、もっと楽しみたいという人は少なくないはずだ。

そうした人に、無限CR-Zは、ブランド自体の信頼性もあり、実際、誰にでも安心して薦められる完成度に仕上がっている。それを今回も確認することができた。

これまでも無限の他車のデモカーには何度か乗っていて、出来がいいであろうことはある程度は予想していたが、このCR-Zの仕上がり具合は予想を超えるものだった。スポーティ派だけでなく、質の高い走りを求めるすべての人に、きっと大いに気に入ってもらえることだろう。

ホンダ CR-Z 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ CR-Z の関連記事

ホンダ CR-Zの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ CR-Z の関連記事をもっと見る

ホンダ CR-Z の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円