autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 アメリカンプレミアムSUV/CUV 徹底比較 3ページ目

3台比較 2011/4/4 13:28

アメリカンプレミアムSUV/CUV 徹底比較(3/4)

アメリカンプレミアムSUV/CUV 徹底比較

高いクオリティ感と新感覚の操作系

リンカーン MKXリンカーン MKX

プレミアムレザーやウォールナット・ウッドパネルを用い、上質な空間を創出。

ダッシュボードもリアルレザーのような質感の高い素材で覆われており、樹脂部分も含め非常にクオリティ感は高い。14個ものスピーカーを持つTXH社の高性能5.1chサラウンドサウンドシステムも標準装備される。

また、タッチパネル式のカラースクリーンに、空調やオーディオなど車内の装備や情報や機能を一元化し、スマートフォン感覚で操作できるようにした新しい機構を採用したのが特徴。

これらの情報はメーター内でも確認でき、ステアリングの左右スポークに設けたスイッチや、英語によるボイスコマンドでコントロール可能で、メーター自体の表示もLCDによるバーチャルなものされるなど、新鮮な感覚がある。ただし、今のところビルトインのカーナビの設定がないところが惜しまれる。

実用面では、ドアミラーの中にさらに死角となりやすい後側方を写す広角視界のサブミラーを設けているのも特徴。Bピラーに後席への乗降用のアシストグリップを設けている。

ルーフには前後に分割された「パノラミックビスタルーフ」が標準装備される。また、オンロードイメージを強調するためか、ルーフレールは備わらない。

リアシートは、ラゲッジ側からもスイッチ操作により前倒しできるようになっており、ラゲッジ容量は915リットル~1945リットルとたっぷり確保されている。

リンカーン MKXリンカーン MKXリンカーン MKXリンカーン MKXリンカーン MKX

上質かつ機能的なつくり

ジープ グランドチェロキー リミテッドジープ グランドチェロキー リミテッド

ボディサイズが従来モデルよりも拡大されたことで、居住空間や積載性の余裕が増し、このクラスのライバル車と比べてそん色ないものとなった。

CUV勢に比べると、標準状態での地上高は215mmと高めだが、エアサス付き車であればパークモードを選び40mm下降させることができる。

また、フロントウインドウこそ寝かされているが、サイドウインドウやインパネなどは、ジープ車としてはなだらかだが、CUV勢に比べると立ち気味で、丸みを帯びた形状としており、ソフトタッチ素材を多用するなどして上質感を演出している。インパネやセンターコンソールのつくりは比較的オーソドックスでシンプルといえる。

上級の「リミテッド」では、カーナビや、アルパイン製プレミアムサウンドシステム、レザーシートなどが標準装備される。リアビューや左前のカメラ映像を、ルームミラーではなく、その手前のフリップに映し出すこともできるのも特徴だ。

ジープブランド共通のステアリングホイールはグリップが太く、リミテッドでは電動チルト&テレスコピックが備わる。リアシートにはリクライニング機能が備わる。

また、リミテッドであれば、大きな開口部を持つ「コマンドビューデュアルペインパノラミックサンルーフ」を選ぶことができる。

ラゲッジスペースは、782リットル~1554リットルの容量が確保され、ラゲッジ内や、前席の背面など、いろいろな場所に多数のフックを設定したり、ラゲッジ左後方に着脱式のハンディライトを設置するなど独自のアイデアも光る。

さらに、ジープ車らしくリフトゲートと別に単独で開閉できるフリッパーリフトゲートガラスを備えるのも特徴だ。

ジープ グランドチェロキー リミテッドジープ グランドチェロキー リミテッドジープ グランドチェロキー リミテッドジープ グランドチェロキー リミテッドジープ グランドチェロキー リミテッド

日本人ユーザーにも配慮した装備の数々

キャデラック SRXクロスオーバーキャデラック SRXクロスオーバー

横から見たときに、上の2モデルに比べてやや後方よりに乗員の置かれたパッケージングとなっている。

両グレードとも、ポップアップスクリーンを持つカーナビや、10スピーカーのBOSEサウンドシステムが標準装備され、上級の「プレミアム」では、シートバックに格納されるリアエンターテイメントシステムもオプションで用意されている。

ステアリングポジションは電動調整式ではないが、ブレーキペダルを前後に動かせるのも特徴。

また、運転席の座面長を手動で調整できるようになっているなど、1台を体格差の大きいドライバーで共用するような使い方でも、よりベストポジションに合わせやすく、小柄な女性が運転する際も重宝しそうだ。

サイドウインドウがルーフにかけて絞り込まれているし、後席ではサイドウインドウ上端のデザインが写真のようになっているが、車幅が十分にあるせいか閉塞感はない。

ラゲッジスペース容量は844リットル~1730リットルで、U字型のレールとバーによりフレキシブルに使えるという、新しいアイデアも見られる。また、このフォルムゆえテールゲートがかなり前方から開くことに加え、開く高さを任意に調整できるので、障害物や高さ制限のあるスペースでも使いやすい。

キャデラック SRXクロスオーバーキャデラック SRXクロスオーバーキャデラック SRXクロスオーバーキャデラック SRXクロスオーバーキャデラック SRXクロスオーバー

内装・装備の総評

このクラスは、大開口のパノラマルーフ、前席だけでなく後席のシートヒーター、電動開閉式のパワーテールゲート等の上級装備は、もはや当たり前となっている。ステアリングヒーターや、前席シートファンも採用が進んでいる。さらに、キーについても、エンジンリモートスタートや車両の各種設定を記憶させるなど、多くの機能が与えられるようになってきている。ハンドル位置は、執筆時点では、MKXとSRXクロスオーバーは左のみ、グランドチェロキーは右のみとなっている。装備面では、キャデラックが日本語表示をいち早く採用した点は一歩リード。ただし、燃費の表示については、いずれも欧州式の100km走行に必要な燃料消費量となっており、日本人にとっては直感的にわかりにくいものである点が惜しい。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

リンカーン MKX の関連記事

リンカーン MKXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

リンカーン MKX の関連記事をもっと見る

リンカーン MKX の関連ニュース