autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ジープ最新モデル 徹底比較 4ページ目

3台比較 2007/4/27 20:59

ジープ最新モデル 徹底比較(4/4)

ジープ最新モデル 徹底比較

これ1台でオールラウンドに使える

走行走行

これぞジープ! やはりラングラーは、現状もっともジープらしいジープである。

チェロキーなき今、あのテイストを求めると、4ドアのラングラーというパッケージのアンリミテッドは、人気が出て当然といえば当然。最大のライバル車といえるHUMMERに目が向いてしまっていた人も、再びこちらに目を向けるであろう商品企画であろう。

当初はもっと高いプライスにて発売とアナウンスされていたが、実際には大幅ダウンとなって発売されたこともありがたい。ゆえに妙に買い得感もある。

これ1台でもすべてのカーライフをこなすにも耐えうる実用性と快適性を備えるし、オープンエアモータリングを楽しむこともできる。いうまでもなくハードなモーグル走行にも使うこともできる。実にオールラウンドなクルマである。

SUV離れした圧倒的パフォーマンス

走行走行

まだSUV=高級という現在の図式が構築されるはるか前に、本格的クロスカントリー性能を備えたSUVでありながら、高級感ある内外装と装備を身につけて登場したのがグランドチェロキーだ。

グランドチェロキーの本分はチェロキーの上級版であり、初代のデビュー当時はこれほど盛り上がるとは予想もされなかった、カテゴリーの先駆者である。

しかし、欧州の強豪をはじめライバルの台頭が目覚ましい中で、グランドチェロキーはいささかおいていかれた感があった。

2005年に登場した現行モデルは、そのあたりのネガ要素を払拭すべく、悪路走破性など持ち味にもさらに磨きをかけ、オンロードでの走行性能と快適性を磨き上げていた。

HEMIエンジンが搭載されただけでも驚かされたものだが、今度はさらにSRTが加わったわけだ。

SRT8の価格は724万5000円と、従来の最上級モデル「オーバーランド 」の約60万円高となる。身につけた走りのパフォーマンスは別次元であり、クルマ全体としての魅力もまったく別のベクトルの延長上にあるといえる。その魅力は、ひとたび味わうと病みつきになりそうなほどであった。

強豪ライバルには負けない実力を誇る

走行走行

ジープブランドのフラッグシップとして、ジープの第4のモデルとして登場したコマンダーは、現代に蘇った往年のワゴニアのようなクルマだろう。

現在、SUVはより高級であることが求められ、このクラスでは3列シートを備えることが必須となってきた。また、乗用車ベースのSUVの人気が高まっていた。

そんな中で、ジープ各車も根強い人気を誇ったとはいうものの、ラインアップに役不足の感があったのは否めない。そこで出された答えのひとつがコマンダーのデビューであった。

高級SUV界で覇権を握る他の強豪モデルとも対等に渡り合える高級感と、オンロードでの快適性を備えているし、いざとなれば、SUVに本来求められるクロスカントリー性能においては、ライバルを圧倒することはいうまでもない。そのあたりは、いくら高級になったとはいえ「ジープ」である。

個人的には、はるかに高価なレンジローバーやゲレンデバーゲン、BMW X5などとも肩を並べられるクルマだと思っている。

ジープ ラングラー 関連ページ

ジープ グランドチェロキー 関連ページ

ジープ コマンダー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジープ ラングラー の関連記事

ジープ ラングラーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジープ ラングラー の関連記事をもっと見る

ジープ ラングラー の関連ニュース

ジープ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24