autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 フォード 新型エクスプローラー 新車発表会速報

新型車リリース速報 2011/5/24 20:42

フォード 新型エクスプローラー 新車発表会速報

関連: フォード エクスプローラー Text: Photo: オートックワン編集部
フォード 新型エクスプローラー 新車発表会速報

これ、先代と違って凄過ぎます!

フォード・ジャパン・リミテッドは24日、同社の主力SUVである新型エクスプローラーを発表した。

エクスプローラーは今回の新型で5代目。20年という長い歴史を持つと同時に、今ではアメ車の代表格的な存在にまで成長した、いわば“SUVの雄”といえるクルマだ。

そんな新型エクスプローラーは、LIMITED(530万円)と、XLT(440万円)の2モデルを、ワン・エンジン/ワン・ミッションで日本へ導入する。

生産はイリノイ州のシカゴ工場。現時点では世界90ヶ国以上で販売を展開しており、本国では2010年12月のデビュー時より、高い評価を得続けている。

その結果、2011年1月から4月までのたった4ヶ月で42,000台を販売するなど、驚異的な人気にまずはご注目いただきたい。

デザイン

新型エクスプローラー

早速、新型エクスプローラーのデザインに目を向けてみる。未来的なフロントデザインは、先代の面影を感じさせない大胆なアプローチが特徴だ。

そしてサイドからリアへと回り込んでいくと、力強さもさることながら、意外にもキッチリとした繊細な面構成で覆われていることに驚かされる。

全体的に大胆なデザイン処理なのだが、“大味なアメリカン”という表現より、ボディの割りに“精密なアメリカン”と言ったほうが当てはまるのかもしれない。

新型エクスプローラー

インテリアでまずはじめに目に飛び込んでくるのは、こちらも未来的なデザインが施されたインパネだ。

シルバー加飾と木目パネル、そしてダッシュボードの黒いソフト素材のコントラストが、より引き締まった未来的な雰囲気を演出させ、まるで最新鋭の航空機のコックピットを彷彿とする“凝らした意匠”は必見だ。

居住スペースは、3列7名分シートが備わり、個々の足元スペースに余裕を持たせている。大人7名乗車でも圧迫感を感じさせないのが自慢だ。3列目シートは電動スイッチ(LIMITED)で折り畳み格納が可能となっており、女性でもシートアレンジが容易にできるのが特徴だ。

ラゲッジスペースは7名フル乗車時で595L、おまけに2列目、3列目シートを一緒に倒せば2.285Lもの積載量を誇る。最低でも7名分の旅行程度の荷物ならば、スペースの心配は無用といったところか。

メカニズム

さて、新型エクスプローラーは、その20年という歳月の中で培われてきた、SUVとしての技術やアイデンティティを、この度、さらなる先進技術を盛り込ませつつ、一大刷新へと踏み切った。

ではどんな刷新が行われたのか?

まずは、シャシー/ボディ構造の改良だ。

従来のエクスプローラーは、ボディ・オン・フレームを採用してきたが、新型エクスプローラーは、高強度のスチールを用いたモノコックボディへと大胆な変更を行っている。これにより大幅な軽量化がおこなわれ、NVH性能や、ハンドリング性能の向上が図られた。

新型エクスプローラー

動力は、新たにV6 3.5リッターエンジンを搭載。

これは先代のV8 4.5リッターや、V64.0リッターエンジンからのダウンサイジングとなり、燃費性能に関してはADFSO(減速時燃料遮断機構)を新導入させたことにより、V6 4.0リッターエンジンと比べて20%以上の向上を達成。

さらに最高出力にいたってはV8 4.6リッターエンジンレベルの294ps(216kw)を発揮するなど、パワフルさに変わりは無い。

トランスミッションは、マニュアルモード付6速ATを新採用。SUVだからといって機敏な走りを諦めていた人には朗報と言える機能だ。

新型エクスプローラー

また、砂漠、泥濘地、雪、オンロードと、4つのシーンそれぞれにおいて最適な走行コントロールを行うインテリジェント4WDを備えた新機能「テレインマネージメントシステム」も搭載し、ヒルディセントコントロールはもちろんのこと、最適で安全、かつ力強いな走行を可能としている。

そしてステアリングには、上記のようなシーンにおいて、ドリフト状態に陥った時や、轍、強風に遭遇したときなど、ドライバーが意図していない車両挙動が起こったとき、瞬時にハンドリングを補正するEPAS(電動パワーステアリング)を新採用するなど、ドライバーを徹底的にサポートしてくれる機能がてんこ盛りだ。

装備面

その他の装備では、車内の様々な装備や情報を一元化し、直感的にスマートフォン感覚でのタッチパネル操作が可能な「MY FORD TOUCH」を採用した。

これらはステアリングのスイッチでもコントロールが可能で、運転中でも前方から目を離すことなく、手元でコントロールできるうえ、メーター内のインフォテイメント・ディスプレイで確認することも可能だ。

安全面では、サイドエアバッグや三点ベルトを標準装備し、ロールスタビリティコントロール付きアドバンストトラックや、リアビューカメラも搭載。

さらにカーブでのオーバースピード状態でも、エンジンパワーを絞り、各タイヤにABSを作動させ、車両が遠心力で放り出されないようにするカーブコントロールも採用するなど、モノコックボディ構造による高い保護性能には注目だ。

新型エクスプローラーは2011年5月24日(火)より販売開始で、デリバリー開始時期は秋口の9月を予定している。

また、6月から8月初旬まで「新型エクスプローラー・スぺシャル・プレビューツアー」と題して、全国の正規フォードディーラーを巡るキャラバンイベントを開催する。

来場者にはもれなく素敵な記念品も用意しているとのことで、この機会に是非、新型エクスプローラーをディーラーで体感してみてはいかがだろうか。

ちなみに、2011年末から2012年初頭にかけて、エコブースト(環境ターボ)機能搭載の2リッターモデルも導入予定とのことで、こちらも期待が高まる。

ホント、先代と違って凄過ぎます!

新型エクスプローラー新型エクスプローラー新型エクスプローラー新型エクスプローラー新型エクスプローラー

フォード エクスプローラー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード エクスプローラー の関連記事

フォード エクスプローラーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード エクスプローラー の関連記事をもっと見る

フォード エクスプローラー の関連ニュース